近藤真彦、ラジオ新番組スタートで「昔の自分に言ってやりたい」ジャニーズ長男坊の過去「猛反省」も…40年続く「甘々サポート体制」の裏側!

拡大画像を見る

 2021年4月いっぱいで、長年所属したジャニーズ事務所を退所した近藤真彦(57)の、ラジオの新番組『近藤真彦 RADIO GARAGE』(文化放送・火曜21時30分)が、9月28日にスタートした。

 近藤は2006年4月から新番組と同じ枠でのラジオ『近藤真彦くるくるマッチ箱!』を担当していた。しかし、2020年11月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で25歳年下の女性との5年にわたる不倫が報じられ、無期限の芸能活動自粛処分となったため、同年11月10日から放送を休止していた。

 同月24日からは『くるくるマッチ箱』でアシスタントを担当していた文化放送の松井佐祐里アナウンサー(29)による番組『松井佐祐里“new normal”の小部屋』がスタートし、今年9月7日の放送回には近藤が出演し、ファンへの謝罪などを述べていた。

「番組は変わりましたが、約10か月ぶりに近藤のラジオ番組が文化放送で再開されることになったわけです。近藤は番組の冒頭で、“本当にマイク向こうの人にメッセージできるのはうれしい。このことは、当たり前だと思ってたけど、当たり前ではなかった。昔の自分に言ってやりたい。リスタートを切れたのはリスナーさんのおかげです”と、ファンへの感謝や過去の自身の考えへの反省ともとれる言葉を語っていました」(女性誌記者)

 番組では初回ゲストとしてフリーアナウンサーの吉田照美(70)が登場。さらに、12月9日から全国ツアーを行なうとアナウンスするなど、初回から盛りだくさんの内容となった。

「ジャニーズ不動の長男坊だった近藤も、昨年11月に不倫スキャンダルが発覚し、事務所も退所してからは、周囲を取り巻く環境が大きく変化しました。それでも番組を始める機会を与えてくれた文化放送や、離れずにいてくれたファンへの感謝の気持ちから、番組冒頭のコメントが出たのではないでしょうか」(前同)

■文化放送でなかったら復帰も不可能だった!?

 文化放送で新たなスタートを切った近藤は、11月2日には東京・中野サンプラザホールでのコンサート『Masahiko Kondo ReSTART 20+21+1×1-2』、12月からは番組で告知した野村義男(56)とのライブハウスツアーが控える。

「5月16日に大分・オートポリスで行なわれた『スーパーフォーミュラ』第3戦で、レーシングチーム『KONDO Racing』の監督として復帰した近藤ですが、当初は芸能活動の見通しが立っていませんでした。そこからコンサートの開催が決まり、今回の新番組でラジオにも戻ってきた。

 ただ、ラジオ番組に戻ってこれたのも、文化放送社長・斉藤清人氏の寛容な姿勢があったからこそでしょう。もし斉藤社長が近藤に対して親身になっていなかったら、近藤はコンサート以外の芸能活動ができていない可能性があったかもしれません」(前出の女性誌記者)

 6月15日に文化放送の定例社長会見では、当時番組の今後が未定だった『くるくるマッチ箱』について衣笠聖也編成部長が「近藤真彦さんの復帰については現時点では未定とさせて下さい」説明。

 その後、斉藤社長が「近藤さんとは同い年で40年以上のお付き合いということもありますので、続けていただく前提かどうかは別にして私としては続けたいと思っています」と個人的な希望を口にし、「いろいろありましたが、(不倫騒動、ジャニーズ事務所退所後に)ファンへの説明、メッセージをお出しになっていない。文化放送の番組をファンへの説明の場にしていただきたい。デビュー前からのお付き合いで一朝一夕には成り立たない関係。そのお付き合いは大切にしたい」と話した。

■文化放送社長の大胆発言「ご家庭内で解決していただければ私は構わない」

 さらに斉藤社長は7月20日の定例会見でも近藤について言及し、「ちょっと踏み込んだ発言を致しますが、ご家庭内のことはご家庭内で解決していただければ私は構わないと思います。事務所を退社され、2年前の7月にジャニー喜多川社長が亡くなりました。ジャニー社長への思い、後輩への思い、ファンへの思い、今後の活動について、こうしたことについては、ぜひ、近藤さんの言葉が欲しいというふうに私は思っております」と発言した。

「斉藤社長は、新番組の放送が決定した9月21日の定例会見でも、番組への期待を口にしただけでなく、“芸能活動42年と言うのは非常に偉大であり、42年間、トップで走り続けてきた芸能人として敬意を払います”と近藤へのリスペクトまで表明していました。

 斉藤社長の話にもありましたが、近藤と文化放送の歴史は長い。近藤のレコードデビュー直前の1980年10月から1984年9月まで放送された『マッチとデート』から始まって以降、長きにわたって文化放送で番組を放送しており、非常に密接な関係を構築しています。

 斉藤社長は、近藤に騒動の説明を求めるよう厳しいコメントもしましたが、これも長い付き合いがあるからこそ言えたことでしょうし、“ご家庭内のことはご家庭内で解決していただければ私は構わない”と大胆な発言までしています。

 不倫スキャンダル以降、逆風が吹く中でこれだけ徹底して親身になってくれ、寛容な態度を見せてくれる社長のラジオ局だからこそ、近藤も復帰する気になったのかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

 芸能プロ関係者は言う。

「ジャニーズを退所して孤軍奮闘しているようにも見える近藤さんですが、文化放送だけでなく、11月のコンサートで主催を担当するC社、制作を担当するA社は、どちらの会社もジャニーズ関連会社元幹部のY氏が代表を務めています。結局、ジャニーズを辞めても近藤さんは以前からのつながりに相当助けられているということです。

 近藤さんは、レース活動も含めて、ジャニーズ退所後も充実したサポート体制を得られていると言えそうです。ただ、守ってくれるのはあくまでも“身内”。世間はフラットに見ていきますので、芸能活動に関しては、今後の彼の頑張り次第で大きくその評価が変わっていきそうですね」

 全力を傾けているというレースだけでなく、芸能活動でも再び活躍してほしい!

関連リンク

  • 10/3 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます