松下由樹と浅野ゆう子が芝居合戦!南野陽子も加わり…『小杉健治サスペンス』

拡大画像を見る

10月4日 (月)20時より「月曜プレミア8」枠にて、松下由樹の主演ドラマ『小杉健治サスペンス 当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル~鬼子母神の女』(テレビ東京系)が放送される。

同ドラマは、小杉健治の「不遜な被疑者たち」(集英社文庫刊)が原作の本格社会派ミステリー。松下は、弁護士の梶原藤子役を演じる。梶原は、弁護士会から派遣された当番弁護士として殺人事件の弁護を引き受けることになるのだが……。

<あらすじ>
弁護士の梶原藤子(松下)は、弁護士会から派遣される「当番弁護士」として「Tsukasaビューティーホールディングス」代表・司万里子(浅野ゆう子)の接見を依頼される。

万里子にはジャーナリストの菱田十三(大浦龍宇一)を殺した容疑がかけられていた。殺された菱田の手には万里子のジャケットのボタンが握りしめられており、事件現場から立ち去る万里子の姿がマンションの住人に目撃されていた。万里子は菱田に脅されていたというが……。

万里子は美容業界のカリスマとして有名で、藤子はなぜ顧問弁護士に依頼しないのか不思議に思っていた。そこで、藤子は万里子に接見。そして万里子は藤子に弁護を依頼する。

しかし藤子の同期の検事・村川泰江(南野陽子)は「万里子はクセ者。藤子には荷が重い」と忠告する……。

藤子の実家が経営する喫茶「初音」の常連客で編集者の高林信介(中村俊介)も美容医療について調べていた。

関連リンク

  • 10/3 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます