つまようじ不要! 大人気のツナを使って、ちょっとカワイイ『お揚げde巾着』を作ってみました!

拡大画像を見る

40代になって、肉好きだった若かりし頃からシフトチェンジし、注目するようになったのが、植物性タンパク質。

中でも、大豆製品は年を重ねるごとに食べたくなる日が増え、いつしか毎晩食卓に出すようになりました。

そんな大豆製品は、豆腐や納豆をはじめ、油揚げ、厚揚げ、生揚げ、がんもどき、湯葉など種類も豊富で、飽きることがありません。

ただ、『茶色族』の油揚げ、厚揚げ、生揚げは、焼くだけでも十分おいしいのですが、ワンパターンになりがち…。

そこで、今回は、大人気のツナを使った、おかずにも酒の肴にもなる『お揚げde巾着』を紹介します。

材料は、2~3人前ですので、人数によって調整してください。

材料:
油揚げ 4枚
キャベツ 120g
ニラ 2本
タマネギ 1/2個
ツナ缶 1個
シュレッドチーズ 30g
ちくわ(大) 1/3本
マヨネーズ 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1と1/2
塩・こしょう 適量
ブラックペッパー 適量
オリーブオイル 適量

作り方:
1.キャベツは細切り、ニラは1cm幅に切り、タマネギはみじん切りにしてボウルに入れる。

2.ボウルに塩コショウを振って軽く混ぜ、水気をしぼる。

3.ツナ缶、シュレッドチーズ、マヨネーズ、オイスターソース、鶏ガラスープの素、塩・こしょう、ブラックペッパーを加えてさらに混ぜる。

4.ちくわは、3mm程度の輪切りにし、油揚げは、縦半分に切って口を開く。

5.油揚げに3を半分くらいまで入れ、ちくわで口を止める。

6.適量のオリーブオイルを塗ったアルミホイルをフライパンに敷き、油揚げを入れて両面が軽くキツネ色になるまで焼く。

7.器に盛って完成。

油揚げのカリっとした食感、野菜のシャキシャキした歯ざわり、ツナとチーズのまったり感がたまりません!

お好みで、シュレッドチーズの量を増やすと、より濃厚な味わいに。

ちくわは、口をとめる時に切れてしまうので、大きいものを選びましょう。

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 10/3 4:30
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます