デート中、お店でそれを言わないで…。男が婚活女をNG認定した理由

男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—果たして、あの時どうすればよかったのだろうか?

できなかった答えあわせを、今ここで。

今週のテーマは「二度目のデートで男からの連絡が途絶えた理由は?」という質問。さて、その答えとは?

▶【Q】はこちら:推定年収3,000万の男。寄ってくる“その他大勢の女”にならないために、女がしたコト


愛莉との出会いは、ゴルフ。約束していた友人が彼女を連れてきたのだ。

「愛莉ちゃんは、いつからゴルフを始めたの?」
「それが、つい半年前に始めたばかりなんです。なのでご迷惑をおかけしてしまったらすみません」
「そんなこと気にしなくていいよ。楽しくやろう」

ゴルフウェアから覗く、スラッと伸びた長い手足。しかも顔も綺麗で、僕は「いいな」と思った。

「拓哉さん、ゴルフお上手ですね」
「いやいや、全然。愛莉ちゃんも、スイングすごく綺麗だし、すぐに上達しそうだね」

この日はラウンドだけで終わったが、後日僕からデートに誘ってみた。

第一印象が完璧だった彼女とのデートに、僕は結構テンションが上がっていた。しかしそこから2度ほどデートをし、僕は彼女の言動に冷めてしまったのだ。

見た目は抜群にタイプだったのに…。男が幻滅した理由は

A1:指定してくる店の名前が具体的すぎた。


一緒にラウンドを回った数日後。僕は愛莉を打ちっぱなしに誘ってみることにした。

— 拓哉:愛莉ちゃん、今週空いていたりしない?よければ打ちっぱなし、一緒にどう?
— 愛莉:え〜行きたいです♡今週末とか、どうですか?
— 拓哉:じゃあ、金曜の夜とかどうかな?迎えに行くね。
— 愛莉:ありがとうございます!楽しみにしています。


こうして、金曜の夜に打ちっぱなしへ行くことになった僕たち。

愛莉の家までピックアップに行き、僕の車で碑文谷にある練習場へと向かった。


1時間ほど練習をすると、あたりも暗くなり、空腹を感じてきた。

「愛莉ちゃん、このあと時間ある?」
「もちろんあります!」
「よければ、ご飯行かない?」
「是非!」

— やった。

打ちっぱなしだけで解散するのは、味気がなさすぎる。もう少し一緒にいたいし、食事をすればお互いをもっとよく知ることができる。

「愛莉ちゃん、何か食べたい物ある?」
「え〜なんだろう♡焼肉とかかなぁ」
「いいね、焼肉!どこかあったかな」

たしかにゴルフをすると、肉が食べたくなる。

近所にどこかいい店あったっけ、と考えていると、愛莉からいくつかの候補があがってきた。

「西麻布にある『焼肉 うし松』とか?あとは『西麻布 焼肉X~TEN~』とか?」
「愛莉ちゃんいいお店知っているね〜」

彼女が言ってきたのは、事前の予約が必要な高級店ばかり。

もちろんそういったお店も大好きだが、今日は車だし、気軽に食べる感じがいい。

そういうお店は、ゆっくりとできるときに行きたいと思う。

「そうだね。でも今日は少しカジュアルな気分だから、この近くにある店でもいい?そんな綺麗な感じではないかもだけど…」
「もちろん大丈夫です」

結局、僕は近くにある、昔から好きな焼肉屋に愛莉を連れて行くことにした。

「意外!拓哉さんって、毎日高級店とか予約困難店にしか行かないのかと思っていました」
「そんなことないよ。もちろんそういうお店も好きだけど」

僕のことを、どんなふうに思っているのだろうか。

でも街焼き肉にも愛莉は笑顔で付き合ってくれているし、気が合いそうだなと僕は勝手に思っていたのだ。

「愛莉ちゃん、またご飯行かない?」
「行きたいです!」

だから、2度目のデートも僕から誘った。

ここまでは良かったのに、女が勘違いしていた“イイ女”の定義とは!?

A2:一言多い。言わなくてもいい自慢が、鬱陶しい。


2度目のデートは、僕がよく行く鮨屋にした。だが僕はデートの最中、彼女の言動がどんどんおかしく思えてきてしまったのだ。

「ごめん、待った?」
「いえ、私も今来たところです」

すでに愛莉は着いていて、思わず笑顔になってしまう。しかし、何気なく聞いた次の質問で、僕は少し不思議な気持ちになった。

「愛莉ちゃん、お鮨好きだった?」
「はい、大好きです♡『三谷』とか『なんば』とか大好きで行きますし」

— おぉ。具体的だな。

高級店、かつ予約困難店ばかりだ。

「そうなんだ。愛莉ちゃんってグルメだね」
「そんなことないですよ〜」

— あれ?そういえば、前回の焼肉の時もこんな感じだったな。

そう思いながら話を聞いていると、ここからどんどん愛莉の話がふくらんでいく。


「拓哉さんって、ゴルフ以外に何か趣味とかあるんですか?」
「今は行けないけど、もともとは旅行が好きだったよ」

もともと海外旅行が好きで以前は頻繁にどこかへ出かけていたが、気がつけばここ2年くらい、どこへも行けていない。

「わかります〜!こんなにもどこへも行けないと、ストレス溜まりますよね」
「そうなんだよね。ハワイとかも行けてないしなぁ」
「 ハワイだとどこに滞在されるんですか?」
「うーん、アラモアナの近くかな」

実は、ハワイに別荘がある。しかしあまりオープンにしたくないので、とりあえずこれは黙っておくことにした。

そう思っていると、愛莉は急に饒舌になった。

「そうなんですね!ハレクラニとかもいいですよね〜。あとトランプとか!知り合いがペントハウス持っていて」

また高級ホテルばかりをあげる愛莉。

「で?それが?」という相槌を打ちたくなってしまうが、僕も大人だし、笑顔で聞き流す。

「うん、そうだね。そういえば愛莉ちゃんは、なんでゴルフを始めようと思ったの?」
「知り合いの経営者の方が…。IT系で有名な方なんですけど。その方から、飲んでいた時に、『ゴルフ始めたほうがいいよ』って言われたんです」

— なんだろう。その一言、いるのかなぁ。

別に、知り合いがすごくなくてもいい。高級店に行ったことがなくてもいい。

さっきから愛莉はとにかく必死に僕の話にかぶせて、知り合いがいるとその名前を出してくる。

それに本当に仲が良い場合、こういったカウンター席では大声で個人名を出さない。

どこで、誰が聞いているかわからないから。

「そうなんだ。始めて良かった?」
「そうですね。飲食系の経営者の方ともつながりが増えましたし、女の子も有名なインフルエンサーの子とか、モデルさんとか。友達が増えました!」
「そっかそっか。いいね」

— そういう年頃なのかな。

きっと自分を大きく見せたいのだろう。

「〇〇さんを知っている」とか、心底どうでもいい話だ。そう言えば自分の価値も上がると思っているのだろう。

だが残念ながら、僕はそういった類の話に興味がない。むしろカウンター席で、そういう話を大声でするのは品がない。

— ちょっと面倒だな。

そう思い、急に冷めてしまったのだ。


▶【Q】はこちら:推定年収3,000万の男。寄ってくる“その他大勢の女”にならないために、女がしたコト

▶NEXT:10月9日 土曜更新予定
デートする際に言われて困る一言

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/3 5:04
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます