「TIF2021」エビ中 10年ぶり、あのキョンシーメイクで登場にファン熱狂

私立恵比寿中学(略称:エビ中)が、東京・お台場で開催されている、世界最大のアイドルフェスであるTOKYO IDOL FESTIVAL 2021(TIF)DAY2のSMILE GARDENに出演した。


休養中の柏木ひなた、別スケジュールの中山莉子は不参加のため、今回は7人での出演となったTIF2021のステージ。なんと今回は2011年の初登場で観客の度肝を抜いたキョンシーメイクでの再びの登場に会場も配信ライブも大いに沸いた。当時は初出演のTIFに大胆なメイクで登場し話題を振りまいたが、今年7年ぶりに3人の新メンバーを迎えたエビ中が、アグレッシブな姿勢でまさかのサプライズ。またしてもやってくれた。


MCでは安本彩花が「今日はエビ中、TIFに気合いを入れて正装でやってまいりました。10年前もこのキョンシーメイクで登場したキョン!」となりきってあいさつ。そして小林歌穂の「驚いたかな?」の呼びかけに会場は大きな拍手で応えた。そこから、8月にリリースされ現在ストリーミング再生約1,500万回という配信ヒット『イヤフォン・ライオット』をはじめ、ライブ鉄板曲『HOT UP !!!』、メジャーデビュー曲『仮契約のシンデレラ』を中心に全6曲を披露。新メンバー3名のパフォーマンスも息ぴったりに合わせ、約30分のステージを全力で盛り上げた。

 

エビ中が7月に出演した、アーティストの一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の動画が208万回再生(※10/2現在)を超え、大きな話題を呼んでいる「なないろ」のTHE FIRST TAKE バージョンである「なないろ – From THE FIRST TAKE」が現在配信中。


先週開催された「ちゅうおん2021」のライブCDの発売、および年末恒例の大学芸会の開催もアナウンスされている。

 

関連リンク

  • 10/2 23:56
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます