「もう帰る??」これは言っちゃダメ!デート中に言われると【萎えるセリフ】4つ

デート中に彼のテンションが下がってしまったことはありませんか?
もしかすると、無意識のうちに彼の気持ちを萎えさせる言葉を言ってしまったのかもしれません。

今回は、男性がデート中に言われると萎えるセリフを4つご紹介しますので、言わないように気をつけておきましょう。

(1)どっちでもいいよ


「Aの店とBの店どっちがいい?」と聞かれたら、自分の希望を言いつつ、彼にも「どっちがいい?」と聞くのがよいでしょう。
遠慮したつもりで「どっちでもいいよ」と答えるのは、印象がよくありません。

「どうでもいい」と思っているように感じて、男性は萎えてしまうのです。
自分の意見は、はっきり伝えるようにしましょうね。

(2)ここ前に来たことがある


彼が連れて来てくれたお店は、前に来たことがあるお店ということもあるでしょう。
つい「ここ前に来たことがある」と言いがちですが、そのセリフはNGです!

せっかく評判のデートスポットを調べて連れてきたのに、前に来たことがあるなんて言われると、彼は「元カレと来たのか」とヤキモチを焼いてしまうでしょう。
前に来たことがある場所であっても、知らん顔をしておくのが正解です。

(3)疲れた


デートでオシャレをしてヒールの靴を履いていると、足が疲れてしまいますね。
しかし「疲れた」ばかり言っていると、「早く帰りたいのかな?」と彼の気持ちも萎えてしまいます。

「疲れた」という言葉は出さずに、「そろそろ休憩しない?」とカフェに誘ってはいかがでしょうか。

(4)おもしろい話はない?


デートでは、会話が途切れてしまうこともありますね。
沈黙が訪れると、男性も焦ってしまうものです。

しかし、沈黙を破るために「何かおもしろい話はない?」と切り出すのはNG。
「楽しくない」「退屈だ」と言っているようなもので、彼の気持ちは萎えてしまうでしょう。

せめて「最近おもしろいことあった?」という聞き方にするのが◎。


デート中のふとした言葉が、彼の気持ちを萎えさせてしまいます。
自分ではそんな気持ちがなくても、「楽しくないのかな?」と思わせてしまうので注意しておきましょう。

ご紹介した4つの萎えるセリフは、デート中に言わないようにしておきましょうね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/2 19:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます