家庭で楽しく簡単かまぼこづくり!「おうちで かまぼこてづくりたいけん」発売


鈴廣かまぼこから、家庭で楽しく、簡単にかまぼこづくりを体験できる「おうちでかまぼこてづくりたいけん」が、10月1日(金)に「かまぼこ博物館」の1階ミュージアムショップおよび「鈴廣オンラインショップ」にて発売された。

「鈴廣かまぼこの里」で大人気の手づくり体験


小田原市風祭の「鈴廣かまぼこの里」内にある、かまぼこを遊びながら学べる施設「かまぼこ博物館」では、かまぼこ手づくり体験を開催している。職人の技を見て魚のすり身を練って成形、自分だけのオリジナルかまぼこを作り、持ち帰ることができる。大人にも子どもにも大好評の体験教室だ。

保存料・化学調味料不使用の手作りキット


そんな体験教室を家庭で楽しめる「おうちでかまぼこてづくりたいけん」1,100円(税込)は、かまぼこづくりに使う新鮮な魚のすり身を特許製法により乾燥・粉状にした「万能すりみパウダー」(国際特許出願中)を使い、かまぼこづくりを体験することができるキット。


「万能すりみパウダー」は白身魚と塩、砂糖のみを使い、保存料・化学調味料を一切使用せず天然素材で作られたもの。ほか、キットにはビニールぶくろ3枚、抜き型を同封。家庭で子どもと一緒に楽しくかまぼこづくりができるレシピもついている。

キットで作れるレシピをチェック

同キットでの基本の作り方は、まず「万能すりみパウダー」、水、具材などの材料を袋へ入れ、袋の上からもみこむ。その後成形し、加熱調理を行うという流れ。


「万能すりみパウダー」と水をもみこんですり身を作り、平らにのばして星型に。油で揚げれば、一口サイズの「ヒトデくんあげかま」ができあがる。


また、かぼちゃ、青のりなどを使ってすり身をカラフルにすることができる。成形してフライパンで蒸し焼きにした後、仕上げに海苔で顔を描けば、可愛らしい海の仲間たちの「かまぼこすいぞくかん」の完成。

家庭での食育にもピッタリな「おうちでかまぼこてづくりたいけん」で、かまぼこづくりを学んでみては。

■かまぼこ博物館
住所:神奈川県小田原市風祭245

※最新の営業状況は、公式HPや店舗にてご確認をお願いします。

画像をもっと見る

  • 10/2 10:32
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます