SixTONES松村と森七菜2ショットは宣伝!? キンプリ岸ファンの盗撮は?ジャニ流出の裏

拡大画像を見る

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかくあおり・あおられがちな芸能ニュースをフラットな目線で、おちついて解説!

――今年2月に公開された映画『ライアー×ライアー』で共演したSixTONESの松村北斗と森七菜の2ショット写真がネットに出回り、熱愛疑惑ではないかと騒がれました。結局、映画撮影中のメイキング素材が流出したとして製作側が謝罪しましたが、どうして流出しちゃったんでしょう?

 写真が出回ったのは、9月8日にDVD &Blu-rayが発売した直後というタイミング。これは宣伝ですね。時々こういうことはあります。2010年、福山雅治さんと小西真奈美さんが結婚するのではないかと、一部週刊誌が報じたことがありました。小西さんが親しい人に招待状を送ったという話でした。その記事が載った週刊誌が発売される前日、小西さんが出演した映画のPRイベントがあり、記事の早刷りを見た報道陣が小西さんのコメントを取ろうと大勢駆けつけたんです。

――つまり、マスコミを集めるために熱愛疑惑を流したということ?

 そうです。映画の宣伝関係者がわざとその情報を流したんです。ただのPRイベントでは、よほど人気者でない限りマスコミは集まりません。でも、そういう熱愛疑惑があればとりあえず集まるじゃないですか。結局、招待状は誕生日パーティのものだったようで、小西さんは結婚を否定しましたが、それを報じるときに必ず、映画のタイトルも併せて掲載されます。それを狙ったわけです。

――確かに、スルーされるよりマシですね。

 時々そういうことをやるんです。ウワサや2ショット写真をわざと流す。週刊誌はネタ元は絶対言わないので、「わざと流した」なんてバレません。あまりいい手法ではないかもしれないけど、こうしたケースはよくあります。

――ジャニーズの流出事件でいうと、最近、9月に幕を閉じたKing & Princeの全国ツアーのリハーサルの様子を撮影されたとされる映像がネットに流れました。King & Princeの岸優太のファンと見られるアカウントがSNSで公開したとされていますが、これは関係者が盗撮したということですよね。

 そうですね。これは内部の人が盗撮していますね。こういった盗撮映像や写真が流れるのは、それを「買いたい」というファンがいるから。昔はコンサート会場の近くにテキ屋さんが出て、盗撮写真がたくさん売られていました。ジャニーズ事務所が取り締まりを厳しくしたため、今では会場近くで売られることはほとんどありませんが、それでもまだネットに流せば喜ぶ人がいる。流した本人は話題になってアクセス数が稼げます。

――関係者による盗撮ということで、事務所の管理姿勢が問われますね。

 管理、監視を徹底することは現実的には不可能ですね。コンサートには事務所社員だけでなく、アルバイトも含め外部スタッフがたくさん出入りしています。スタッフ全員の持ち物検査をするわけにいきません。あからさまに撮影していたら注意するでしょうけど、ちょっとスマホをいじったくらいじゃ、「メール打ってたんです」と言われたらそれ以上追及できません。リハーサルの音が鳴っている中では、シャッター音も聞こえませんし、手の打ちようがない。

――こうした問題が起きないように、逆に撮影を自由にするという手もありますよね。海外アーティストのライブでは公演中の撮影がOKな場合も結構あるようです。

 ジャニーズはタレントの肖像権に関して特に厳しいので、撮影を自由にするのは難しいでしょうね。しかし、そんなジャニーズの掟を覆したのが、タッキーこと滝沢秀明さん。引退前、最後の単独公演で事前に使い捨てカメラを配布。ファンへの最後のサービスとして特別に撮影を解禁しました。しかも近くで撮影できるように会場を一周まわって、ファンの「こっち見てー」という声に応えていたんです。ファンはビックリしていました。

――そんなことがあったんですか。さすがタッキー。タッキーの時代になって、これから変わってくることもあるかもしれないですね!

  • 10/2 19:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます