マヂラブ KOCファイナル進めず三冠逃す 松本人志「つり革と一緒」指摘

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・マヂカルラブリーが2日、TBS系で放送された「キングオブコント2021」に出場し、ファイナルステージ進出を逃した。

 マヂラブは「こっくりさん」のネタを披露。取りつかれた野田クリスタルが「こっくりさん」に体を操られながら奇妙な動きをするというものだった。

 「M-1グランプリ」「R-グランプリ」(野田)と合わせて三冠を狙っていたが、結果は455点とブービーでの敗退。村上、野田ともに「あぁーっ」と無念の叫び声を上げた。

 審査員のダウンタウン・松本人志は「やってることは『つり革』とあまり変わらない」と「M-1」での優勝ネタとの類似点を指摘。野田は「それは禁句です」。村上も「それは言っちゃダメなやつです」と図星を突かれ苦笑いだった。

関連リンク

  • 10/2 21:37
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます