東京03飯塚悟志「キングオブコント」審査員 トリで発表に「しんどいですよ!」

拡大画像を見る

 お笑いトリオ・東京03の飯塚悟志が2日、TBS系特番「お笑いの日」内で放送された「キングオブコント(KOC)2021」の審査員として登場した。

 「お笑いの日」は8時間にわたる生放送で「お笑いミクスチャーFES」「ソウドリ」「ザ・ベストワン」「キング-」の4番組が放送された。KOCの審査員はこの日までシークレットとされており、それぞれの番組で1人ずつ発表された。飯塚は、かまいたち・山内健司、バイきんぐ・小峠英二、ロバート・秋山竜次に続いて“トリ”として発表された。

 KOCの冒頭、スモークの中、照れ笑いしながら現れた飯塚に、MCのダウンタウン・浜田雅功は「やり直せ!」。飯塚は、強引な指令に渋々従って再登場し、ポーズを決めた。

 審査員席では「あんなあおられて出てくるの、生まれて初めてですから。しんどいですよ!」とぷりぷり。浜田に「なんでもう1回やらせたんですか」とクレームをつけた。

 浜田は「止まっといてほしいやん、(発表されたのが)最後やしさ」と説明。松本人志も「きょうの出場者は飯塚に審査してほしいっていうのはいっぱいいると思うよ」とまじめにフォローした。ここで浜田が「じゃあ、もう1回階段上がろう」と再々登場を促すと、飯塚は「いいだろ!もう」とツッコみ“審査員コント”にオチをつけた。

関連リンク

  • 10/2 20:06
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます