古川琴音 監督が「ガラスの仮面」北島マヤを引き合いに絶賛

拡大画像を見る

 女優の古川琴音(24)が2日、都内で行われた初主演映画「春」の公開記念舞台あいさつに登場した。18年に9つの映画祭でグランプリを受賞した短編で、メガホンを取った大森歩監督の新作と同時上映されている。

 認知症の祖父と暮らす美大生を演じた古川について、大森監督は漫画「ガラスの仮面」に登場する天才女優・北島マヤを引き合いに絶賛。本読みの際に場面となる縁側や川が見えたといい「そんな経験は初めてでした」と振り返った。

 褒められた古川だが、それよりも初対面のときに自身がおにぎりを食べていたというエピソードに驚愕(きょうがく)。本人の記憶にはなく「おにぎりを食べていたことにびっくりしてます。いまならできない…」と笑わせた。

関連リンク

  • 10/2 19:08
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます