長濱ねる、新たな試みに挑戦 ファンへのメッセージも<モデルプレス「TIF2021」独占密着>

【モデルプレス=2021/10/02】お台場・青海周辺エリアにて開催中の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」(以下、TIF2021)。モデルプレスでは、チェアマンを務める長濱ねるに密着。「通りすがりチャンネル」にて実施されたオンラインサイン会の後、取材に応じた。

◆長濱ねる、デジタルサイン会に参加

「通りすがりチャンネル」で行われたオンラインサイン会は「TIF2021」での初の試み。オンラインチケット購入者のみが参加できる同企画は、出演者がリアルタイムでデジタルサインを書く配信コンテンツ。なお、このサイン会はリアルタイムでのサイン会となるため、出演者がサインを書いている時に「通りすがりチャンネル」を視聴していたファンのみがゲットできる。

トークコーナーの後、ファンへのデジタルサイン会を行った長濱に感想を聞くと「オンラインライブならではというか今見ている人に今届くというのが面白いと思いましたし、私自身初めてだったので、オンラインの人とも近い距離で盛り上げられるのかなって嬉しくなりました」と笑顔でコメント。

デジタルサインを受け取ったファンに向けて「TIFを観てくださった皆さんありがとうございます。これからもたくさんアイドルさん出られますので盛り上がっていただけますと嬉しいです!」と呼びかけた。

◆長濱ねるが新米新聞記者に

今年は、新型コロナウイルス感染防止を行い、有観客で実施。チェアマンは、2017年から4年連続で務めた指原莉乃から、長濱ねるにバトンタッチ。大型の台風16号の接近に伴う強風予想を受け、初日となる1日に予定していた全ステージは中止となった。

アイドルの最前線を徹底取材する番組『ねる、取材行ってきます~TOKYOアイドルタイムズ~』(フジテレビ系)では、長濱がアイドル界のとっておきのニュースが満載の新聞“TOKYO アイドルタイムズ”の新米新聞記者に。編集長・濱家隆一(かまいたち)と共に、見逃し厳禁の記事を押さえる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/2 18:52
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます