三遊亭栄馬さん死去 77歳 急性心筋梗塞

拡大画像を見る

 落語家の三遊亭栄馬(さんゆうてい・えいば)さんが9月29日午前に急性心筋梗塞のため、埼玉県内の病院で死去した。77歳。落語芸術協会が2日に公表した。葬儀は近親者で執り行った。

 大分県出身。1967年に三遊亭小圓馬に入門し、71年に二ツ目昇進、81年に真打昇進。古典落語の本格派で、演目は「紺屋高尾」「百年目」などを得意とした。

 3年前から持病で入退院を繰り返すなど、体調がすぐれなかったという。

関連リンク

  • 10/2 17:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます