一気にたためるバッグ「シュパット」 超コンパクトサイズ誕生

拡大画像を見る

生活雑貨メーカーのマーナ(東京都墨田区)は、一気にたためるバッグ「シュパット ミニマルバッグ Drop」を2021年9月27日に発売した。

両端を引っ張る

「シュパット」は、"たたむのが面倒""付属の袋にきちんと入らない"など、エコバッグに対するよくある不満を解消する新発想のバッグ。

両端を引っ張ることで一気に帯状にたため、あとはまとめて留めるだけでコンパクトに。

荷物を最小限にしたい手ぶら派やミニバッグ派の人も手軽に携帯できるように、折りたたんだ時のコンパクトさにこだわっている。極薄のポリエステル生地を採用しており、たたむとゴルフボール程度のサイズにまとまる。また、自然と袋口がすぼまる「しずく形状」を採用し、レジ袋感覚で使用可能だ。さらに、角カン付きで手持ちのキーホルダーやカラビナに装着できる。サイズは6リットルと12リットルの2種をラインアップ。カラーは各10色展開。

マーナ公式オンラインショップで取り扱う。

価格は6リットル1780円(税込)、12リットル1980円(同)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/2 14:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます