高橋名人 生放送ネタ中にマヂラブ・野田とゲームでガチ勝負「クソゲー」発言も

拡大画像を見る

 ゲームプレゼンターの高橋名人が2日、TBS系特番「お笑いの日」の生放送に出演し、マヂカルラブリー・野田クリスタルとゲームで対決した。「お笑いの日」は8時間にわたる生放送で、「お笑いミクスチャーFES」「ソウドリ」「ザ・ベストワン」「キング-」の4番組が放送される。高橋名人は「-ミクスチャー」でマヂラブとコラボした。

 ゲームセンターで、野田の考案したゲーム「つり革」で対決するというネタ。打ち合わせでは「野田さんのゲームでしょ。ほぼクソゲーじゃん」と毒も吐いていた。

 揺れる電車の中で転倒せずに耐えるという「つり革」。ネタでは野田に惜敗だった。コント初挑戦だったという高橋名人は「いい感じで遊ばせてもらってました」とホッとした表情を見せた。

 ダウンタウン・松本人志が「最後の戦いは相当すごかった」と振ると、野田は「ガチ勝負だったんで。本当にネタ中にプレーしてるんで」と実情を暴露。マヂラブ・村上も「あんなに長くやれたことなかったんでビックリした」と高橋名人のゲーム学習能力に舌を巻いていた。

関連リンク

  • 10/2 16:27
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます