松坂桃李✕古田新太、共演した感想は?「古田さん、怖かったなぁ(笑)」

拡大画像を見る

 古田新太さんと松坂桃李さんが共演を果たした映画『空白』が公開中です。スーパーで万引きを疑われて逃げ出し、そのまま交通事故で死亡した女子中学生の父・添田充を演じた古田さんと、中学生を追いかけたスーパーの店長・青柳直人を演じた松坂さん。人間の複雑な感情を映し出した本作の撮影現場は、さぞ緊迫した空気に満ちていたかと思いきや、「とても和気あいあいとしていた」とか。

 映画『パディントン』の日本語吹き替え版では別々のアフレコ収録だったという古田さんと松坂さんに、全く毛色の違う本作でがっつり対峙してみての互いの印象などを聞きました。

◆「古田さん、怖かったなぁ(笑)」(松坂)

――最後まで目が離せない映画でした。現場はどんな雰囲気でしたか?

古田新太さん(以下、古田)「すごく和気あいあいとした楽しい座組でしたね。完成した作品を観たときに、『え、こんなヘビーな映画撮ってたの?』と思うくらい、すごく楽しい現場でした」

松坂桃李さん(以下、松坂)「吉田(恵輔)監督がすごく撮るのが早いんです。全体の撮影自体も3日巻いたんです」

古田「ホント愉快な現場だったね」

松坂僕は古田さん、怖かったなぁ(笑)

◆「感情で芝居はしていない」(古田)

――本当に怖かったです。

古田感情で芝居はしてないですけどね。そう見えればいいので。そこはやっぱり吉田監督のココ(腕)なんですけど、こちらは特別表現しようとしてなくても、映画が進んでいくと、その人の心の移り変わりが伝わる。充って人は、娘に対しても、藤原季節くんが演じた弟子に対しても、元嫁に対しても、たぶん愛はある。でもオイラは別に現場では表現しようとはしてないです」

松坂「僕の場合は、今回、受けが多かったので、特に古田さんとスーパーの店員・草加部役の(寺島)しのぶさんとのやりとりが多かったので、そこで受けてやっていくしかなかったです。だから完成したものを観た時に初めて、こういう、なかなか主張もできずに、溜めていってしまう青柳のような人は、現代に割といる人なんだろうなと感じました」

◆「古田さんの地元への馴染み方が尋常じゃなかった」(松坂)

――今回、がっつりお芝居してみての印象は?

松坂「いやあ、『パディントン』の役柄と比べたらギャップでしかないですよね(笑)。今回僕は全体の撮影が始まってから少し遅れて現場入りしたんですけど、古田さんの地元の漁師の感じが、違和感なさすぎで驚きました。蒲郡(愛知県)に住んでたのかなって感じでした」

古田「だいたい3件くらいの居酒屋をローテーションで組んで、そこの常連さんと仲良くなるのが映画を撮るときのパターンで。そこのお米屋さんと仲良くなったり」

松坂馴染み方が尋常じゃなかったんですよ。とても東京から来た人とは思えなかった。完全に蒲郡の空気をまとってました

古田「桃李は、勝手なイメージで、すごくちゃんと役作りをする人なんじゃないかと思ってたんです。たとえば撮影以外のときに話しかけたら『すみません、役的に敵対しているわけですし、ちょっと……』ってなる人もいるわけです。桃李はそうじゃなかったので。オフれる人で助かりました」

◆もし監督になってお互いを撮るならどんな役がいい?

――実写でも共演されて、もしも自分が監督するなら、お互いにどんな役柄を演じてもらいたいですか?

古田変質者がいいですね。女子高に入って体育館シューズばっかり狙う

松坂「嫌な変質者ですね(笑)」

古田「そう、決して女子高校生には何もしない。大きな会社ではないんだけど、ちゃんと働いているサラリーマンでそれなりに女子社員にもモテる。だけど、家に帰ると、女子高生の体育館シューズばかりが並んでいるという」

松坂「嫌すぎますね」

古田「銀行強盗で立てこもるとかじゃなく。そういうのがすごく似合いそう」

松坂「やだな~。僕は古田さんにはめちゃくちゃいい人を演じてほしいですね。すこぶるいい人

古田「わはは。犬とか飼っちゃってるような?」

松坂「ペットとか子どもとかが大好きで、それらをとことん愛するいい人」

古田「オイラ、苦手だからね。特に毛の生えた四つ足の生き物は。でも芝居してる最中は楽しかったりするのかも。子役とか『わー、高い高い!』とかやって、カットかかった瞬間に『なつくな、このやろう』とか言って(笑)。オイラは、桃李とは共演して、おじさんと若いおじさんとのロードムービーをやりたいな。岩手とか青森とかに行って、そこで出会った女の人を取り合う」

松坂「お、ロードムービーいいですね。そこでもまた最終的に対峙するんですね」

古田「いや、取り合うんだけど、結局はふたりともフラれて次の旅に出るっていう。なんだよ、仲いいのかよ、お前らっていう」

松坂「あー、寅さん的なシリーズで。いいですね。今度はハートウォーミングなロードムービーをシリーズでやりましょう!」

◆キャラクターの誰かにきっと自分も当てはまる

――そのシリーズも観たいですが、まずは本作公開にあたって、読者にひと言お願いします。

古田「この映画、しのぶちゃんとか、(片岡)礼子ちゃんとか、趣里ちゃんとか、女性陣のキャラクターが多くて、自分はこうじゃないと思うような人ばかり出てくるんですけど、たぶん誰かのどこかの部分には当てはまっていると思います。そして、あなたは寺島になっていませんか?っていう。いや、寺島じゃなかった。しのぶちゃん演じる、スーパーのおばちゃんだ。しのぶちゃんが上手いから」

松坂「全部がぴったりはまるわけじゃなくても、そのキャラクターの一部分は自分自身にもあるかもしれないですよね。僕はまあとにかく古田さんとしのぶさんの間に挟まれるのが、すごくイヤでした。『あぁ、今日はふたりと一緒のシーンだ』と思うと、しんどくて(笑)」

古田「ははは。そうなの? オイラは夜道で桃李に缶ビールを投げつけるシーンなんか、すごく楽しかった。速足で逃げていく桃李を『おい!』とかって、追いかけて。いやあ、楽しかったなぁ(笑)」

(C) 2021『空白』製作委員会

<撮影・文/望月ふみ>
<古田新太 ヘアメイク/Tanaka Natsuki スタイリスト/Watanabe Keisuke>
<松坂桃李 ヘアメイク/AZUMA スタイリスト/Kawasaki Takafumi>

【望月ふみ】
70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆。現在はインタビューを中心に活動中。@mochi_fumi

関連リンク

  • 10/2 15:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます