頼みはロッチ・中岡と出川哲朗だけ!日テレ『イッテQ』の「お蔵入り映像」放送でバレた視聴者軽視「崩壊直前」危機

拡大画像を見る

 9月26日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。コロナ禍のせいで番組のウリである海外ロケができなくなっているのだが、その日の放送では、視聴者から「いよいよ限界なのではないか?」という声が上がりそうな演出があったという。

「今回はANZEN漫才みやぞん(36)によるバイオリン修行と、『イッテQ』の準レギュラー的な存在である俳優・金子貴俊(43)による『オーシャンズ金子in鹿児島県』の2本立てだと告知されていました。しかし、そこに本来はお蔵入りするはずだった映像が流れたんです」(女性誌記者)

『オーシャンズ金子』では「トビウオの大群」の海中撮影を目指して、鹿児島県の屋久島と奄美大島の間にあるトカラ列島を訪れた。ちなみに、このコーナーでのナレーターは、いつもの立木文彦(60)ではなく田口トモロヲ(63)が務め、『プロジェクトX』(NHK)のパロディ『プロジェクトQ』として放送された。

「ロケ中に、金子は巨大なキハダマグロを釣り上げました。ルアー釣りでマグロを釣ったのは見たことない、という船長の言葉に“また奇跡起こしました!”と金子も大興奮だったんですが、ここで“この時我々は、今回必要な運をすべて使い果たした。結論から言うと、トビウオプロジェクトは失敗するのである”と視聴者に告知し、お蔵入り映像を流すことになったんです」(前同)

 番組では、

「これまで世界各地で結果を出し続けてきたオーシャンズだが、実はお蔵入りもいくつかる。今回はあえて、運に見放されたオーシャンズロケを皆さんにご覧いただこう」

 と、天候の悪化のため屋久島に避難した際のVTRが流れた。

■お蔵入りVTRを流す事態に

「まず、金子の女性マネジャーの発案で、巨大な屋久杉の切り株であるウィルソン株に向かう様子が紹介されました。このウィルソン株は、切り株の中に入ってあるポイントから空を見上げると、空洞がハート型に見える、という恋愛パワースポットで、場所を紹介するのはまあ許せる。問題はマネジャーと、彼女に思いを寄せるカメラマンの恋愛ネタいじりに終始していたことなんですよね……」(前出の女性誌記者)

 カメラマンがバツイチで、マネジャーに片思い中であることは、しばしば同コーナーでネタにされていたが今回はそれがいつも以上に顕著。というより、企画がうまく行かなかったため、そこしか笑いどころを作れなかった。

「結局、海のコンディションが改善することはなく、情報提供者でベテランダイバーの木村尚之氏に“トビウオの件なんですけど、いったん忘れてもらっていいですか?”と、翌年まで企画の中断を打診されてしまう始末。代わりにカジキやタイガーシャークを撮影するも、うまく撮れておらず、“まったく心が揺れない映像”とされてしまう残念な映像が紹介され、ロケは終わってしまいました。

 そもそも、この『オーシャンズ金子』は年に1回の企画なのに、今年は5月30日に次いで二度目だったこともあわせて、番組のピンチを感じます。やはり、主力メンバーが欠けている状態であることは大きいですね」(前同)

『イッテQ』は、昨年に最年少で華もあったNEWSの手越祐也(33)が番組を降板し、若手イケメン枠の後継者はまだいない状態。さらに、今年8月15日に“珍獣ハンター”のイモトアヤコ(35)が妊娠を発表したことで、収録はできない状況。コロナ禍で海外ロケができない現状と相まって、番組のピンチがより際立っている。

■中岡に期待?

「現在の『イッテQ』で数字が取れそうなのは、リアクション芸人のレジェンド・出川哲朗(57)、次回放送の2時間スペシャルでも活躍が予告されている“お祭り男”の宮川大輔(49)、そして“QTube”を担当するロッチ・中岡創一(43)。

 なかでも、中岡については日テレも期待しているのか、9月23日放送の『アナザースカイ』にまさかの出演を果たしましたね。中岡は、交際相手の女性と結婚する資金を貯めるべく芸人を辞めて愛知県豊田市の自動車工場で働いていた時期がありましたが、それについての金言も話題になりました」(前出の女性誌記者)

 中岡は、

「日曜日の夜、めちゃくちゃしんどいんですよ。『月曜日仕事行く』みたいな。それって多分、あえて社会人というか、工場で働いていないと分からないことで、ちょっとは役に立てているのかなって」

「最近、『苦しい』『つらい』『悔しい』と思えるのは、“頑張った人の特権”って思っているんです。この豊田が頑張った場所なんで、その特権を得られた感じがします」「フラれて悔しい、仕事つらかった、つらかった……それは頑張ったから思えることだと思うので、豊田ありがとうです」

 という経験を語り、

「結構コメントで、日曜の夜、『イッテQ』で笑って『明日仕事元気に行ける』みたいなコメント結構もらうんですよ。それは、僕にとってめちゃくちゃ嬉しい言葉」

 と、語っている。

 胸を打つ思いこの中岡の思いが『イッテQ』に通じるといいのだが、果たしてーー。

関連リンク

  • 10/2 12:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます