陣痛を促進するために体を動かすも、間隔は縮まらない!?【お産ウォーズ Vol.2】

※このお話は2020年11月頃のお話です。コロナウイルス感染対策は病院によって対応が異なる場合があり、すべてのケースには当てはまりません。■前回のあらすじ
微弱陣痛が始まった。出産予定の産院は条件つきで立ち合いが可能だが、第1子のお迎えの関係で夕方までに産まなければ夫の立ち合いは叶わず…。

■夫と娘を見送り家事をこなすが…




■陣痛の間隔が広がった…?



痛みが弱くてすぐ病院へ行っても帰されそうだったので、とにかく動き回りました…。経産婦は一気にお産進むことがあるので、真似なさらぬように…!

私の場合、第1子のときも今回も、陣痛の痛みに集中すればするほど遠のいてしまう感じでした。

今回はタイムリミットがあったので、余計に気になってしまい、逆効果でした…。

本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/2 12:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます