【本日の注目ポイント】中京でダート重賞・シリウスS、高額ドーブネの2戦目など

拡大画像を見る

 10/2(土)は中山・中京の2場開催。1日正午の馬場発表は中山が芝重・ダート不良、中京が芝・ダート共に良。2日の天気は2場ともに晴れの予報となっている。

■ハンデ重賞・シリウスS
 中京11Rはダート1900mのシリウスS(GIII)。長期休養明け2戦目のケイティブレイブがトップハンデの58.5kgを背負う。他には、重賞2勝目を狙う白毛のハヤヤッコが57.5kg、3歳馬ゴッドセレクションが54kgで出走。

■2歳中距離オープン・芙蓉S
 中山9Rは芙蓉S。芝2000mで行われる2歳オープンで、キタサンブラック産駒コナブラックやドグマ、ダートの新馬戦を圧勝したビヨンドザファザーなどが出走する。

■ききょうSにドーブネ出走
 中京9RはききょうS。芝1400mの2歳オープンで、ドーブネが人気を集めそう。今年の千葉サラブレッドセールにて5億円以上の超高額で藤田晋氏に落札されたディープインパクト産駒。札幌の新馬戦に続き連勝なるか。鞍上は吉田隼人騎手。

■中山11R・秋風Sにラインハイトなど
 中山11Rは芝1600mの秋風S(3勝)。3か月半ぶりとなるラインハイト、中山得意のハーモニーマゼラン、4月に同舞台の2勝クラスを制したフォワードアゲンなどがオープン入りを目指す。

■中山5Rの新馬戦はリトルポピーに注目
 中山5Rは芝1600mで行われる牝馬限定の新馬戦。C.ルメール騎手を背にデビューするリトルポピーに注目したい。母が08年エリザベス女王杯の勝ち馬リトルアマポーラという芦毛のクロフネ産駒。順調に乗り込まれており初戦から期待できそうだ。

■中京5Rでジュエラーの仔らがデビュー
 中京5Rは芝2000mの新馬戦。桜花賞馬ジュエラーを母に持つヴェールランス、良血ハーツクライ産駒牝馬プレミアスコア、セレクトセール7992万円のシルバーステート産駒牡馬グレートキャンベラ、カデナの弟にあたるテンダンスなどがデビュー。

■中京3Rの新馬戦にバルムンクなど
 中京3Rはダート1400mの新馬戦。全兄に17年の北海道2歳優駿を勝ったドンフォルティスがいるヘニーヒューズ産駒バルムンク、中間の乗り込み量が豊富なマクフィ産駒マーブルケイケー、調教でスピード感ある動きを披露したラニ産駒リメイクなどが初陣に臨む。

■藤岡佑介騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 藤岡佑介騎手はJRA通算900勝まであと1勝で、本日は中京で5鞍に騎乗。石川裕紀人騎手はJRA通算200勝まであと3勝で、本日は中山で4鞍に騎乗。斎藤新騎手はJRA通算100勝まであと3勝で、本日は中山で1鞍に騎乗する。

関連リンク

  • 10/2 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます