ドイツ代表、10月のW杯予選メンバー発表…ギュンドアン、ゴセンスらが負傷により招集外

拡大画像を見る

 ドイツサッカー連盟(DFB)は1日、10月のFIFAワールドカップカタール2022欧州予選に臨むドイツ代表のメンバーを発表した。

 グループJのドイツ代表は、6試合を消化して勝ち点「15」を獲得。2位のアルメニアに勝ち点「4」差をつけて首位に立っている。8日にはW杯予選のルーマニア代表戦、11日には北マケドニア代表戦を控えている。

 ドイツ代表は、9月に行われたW杯予選において、ハンジ・フリック新監督の下でリヒテンシュタイン代表戦(〇 2-0)、アルメニア代表戦(〇 6-0)、アイスランド代表戦(〇 4-0)と勝利を重ねている。今回フリック監督は、前回負傷により招集が見送られたGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/スペイン)やDFマティアス・ギンター(ボルシアMG)の2人を招集。一方で、9月にはメンバー入りしていたMFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C/イングランド)、MFロビン・ゴセンス(アタランタ/イタリア)、MFマフムド・ダフード(ドルトムント)らが負傷により招集外となっている。また、DFマッツ・フンメルス(ドルトムント)は9月に続いてメンバーから外れている。

 ドイツ代表メンバー23名は以下の通り。

▼GK
ベルント・レノ(アーセナル/イングランド)
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/スペイン)

▼DF
マティアス・ギンター(ボルシアMG)
ティロ・ケーラー(パリ・サンジェルマン/フランス)
ルーカス・クロスターマン(ライプツィヒ)
ダヴィド・ラウム(ホッフェンハイム)
アントニオ・リュディガー(チェルシー/イングランド)
ニコ・シュロッターベック(フライブルク)
ニクラス・ズーレ(バイエルン)

▼MF/FW ※
カリム・アデイェミ(ザルツブルク/オーストリア)
セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
レオン・ゴレツカ(バイエルン)
カイ・ハフェルツ(チェルシー/イングランド)
ヨナス・ホフマン(ボルシアMG)
ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)
トーマス・ミュラー(バイエルン)
ジャマル・ムシアラ(バイエルン)
フロリアン・ノイハウス(ボルシアMG)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
レロイ・サネ(バイエルン)
ティモ・ヴェルナー(チェルシー/イングランド)
フロリアン・ヴィルツ(レヴァークーゼン)

(※DFBがMFとFWをひとつのカテゴリーとして発表しているため)

関連リンク

  • 10/2 9:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます