「5G」対応折りたたみスマホ サムスン「Galaxy Z Fold3 5G」など2モデル

拡大画像を見る

サムスン電子ジャパンは、第5世代移動通信システム「5G」対応のスマートフォン「Galaxy Z Fold3 5G」、「Galaxy Z Flip3 5G」2モデルを2021年10月上旬以降に発売する。

開くと7.6型大画面「Fold3」

いずれも折りたたみ式を採用し、同仕様では世界初だというIPX8防水性能を備える。OSは「Android 11」をプレインストール。ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」「おサイフケータイ」、IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LANをサポートする。

「Galaxy Z Fold3 5G」は内側にも外側にも有機ELディスプレーを搭載。折りたたむと約6.2型HD+(2268×832ドット)サイズに、また開くと動画やゲームなどを約7.6型QXGA+(2208×1768ドット)の大きな画面で楽しめる。

メインディスプレーはコンテンツに応じて最大120Hzまで自動的にリフレッシュレートを最適化する機能を搭載。最大3分割してのアプリ同時表示が可能で、動画を視聴しながらチャットやインターネット検索などが行える。また折りたたみ方式のスマートフォンとしては初めて、スタイラスペン「Sペン」に対応する。

メモリーは12GB、内蔵ストレージは256GB。メインカメラにはいずれも約1200万画素の超広角/広角/望遠の3眼レンズを装備。約400万画素フロントカメラ、約1000万画素カバーカメラを備える。Bluetooth 5.2をサポートする。バッテリー容量は4400mAh。

カラーはファントム ブラック、ファントム グリーンの2色。

「Galaxy Z Flip3 5G」は、開くと約6.7型フルHD+(2640×1080ドット)の大画面、折りたためば四角形のコンパクトサイズになる。約1.9型の有機ELカバーディスプレーを備え、閉じた状態でも日付や時間、バッテリー残量のほかメッセージの確認やカメラ、音楽の再生などが行える。

平らな面に置いて折りたたむことで好みの開閉角度での自立が可能なため、スタンド不要で撮影やビデオ通話を楽しめる。

メモリーは8GB、内蔵ストレージは128GB。メインカメラはいずれも約1200万画素の超広角/広角の2眼レンズを装備。サブカメラは約1000万画素。Bluetooth 5.1をサポートする。バッテリー容量は3300mAh。

カラーはクリーム、ファントム ブラックの2色。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/2 10:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます