話したいのに話すことがない時ってどうする?相手との会話を盛り上げる最初の一歩

拡大画像を見る

話すことがない時の対処法をご紹介!

話したい気持ちはあるけれど、何を話していいか分からない時はありませんか?人と会話をすること自体が苦手で、話すことがないと悩みを抱えることもあるかもしれませんね。

そこで今回は、話すことがない時におすすめの話題をご紹介します。話すことがない時のおすすめの話題に加えて、話すことがない時の対処法もお伝えしますので円滑にコミュニケーションを交わす参考にしていただければ幸いです。

ちょっとしたコツを覚えれば楽しく会話をすることができますよ。

話すことがない時は相手との共通点を探そう

話すことがない時は相手との共通点を探そう
出典:https://www.pexels.com/

話すことがなくなり、会話が途切れた経験がある人にとって「話すこと」自体難しいものと感じることがあるかもしれませんね。しかし話すことがない時には相手との共通点を探して、悩みや感情を共有するのがおすすめです。

それでは最初は話すことがない時のおすすめの話題《共通点》編をご紹介します。どんなところから共通点を見つけ出せばよいか・どう会話を広げれば良いかをご紹介しますので、話すことがない時の参考にしてください。

趣味から共通点を探す

話すことがない時には、趣味の話から共通点を見つけ出すことをおすすめします。共通の話題を見つけることで、自然と会話が弾み、会話をする相手と良い関係を築くことができますよ。

たとえば映画鑑賞が趣味同士の方の会話ならば、「好きな映画」「好きな映画のシーン」「好きな俳優さん」などの話題で盛り上がることができるでしょう。趣味の話題は自然体で話すことができ、表情もほぐれやすいので、話すことがない時におすすめですよ。

仕事から共通点を探す

話題が見つからない時の対処法として、仕事の話から共通点を探るという方法もおすすめです。仕事の話をする際にはまず自分の職業の話をしてから、相手に尋ねることを心がけましょう。そこから共通点を探して会話を膨らませてください。

もし共通点が見つからなかった場合でも、相手の仕事内容に興味があればそこから深掘りするのも方法の1つです。ただ仕事の話を嫌う人もいますので、相手の表情や言葉数などを考えて会話を広げるようにしましょう。

出身地から共通点を探す

話すことがない時には出身地から共通点を探しだす方法もおすすめです。「出身地はどこですか?」と尋ねて、自分の出身地と近い場合は自然と会話を膨らませることができるはずです。

自分の出身地と異なる場所で以前その土地に足を運んだことがある場合には、「以前旅行で行ったことがあるんですが、素敵な場所ですよね」と褒めながらも話を広げてみましょう。行ったことがない土地の場合は、どのようなものが有名かなど聞くのも良いですよね。

居住地から共通点を探す

話すことがない時には居住地から共通点を探すのも良いでしょう。「最寄りが○○駅なんですけど、どちらにお住まいですか?」と相手に尋ねてから共通点を探るのがおすすめです。同じ地域に住んでいるとなれば、自然と共通の話題がでてきますよね。

全く違う地域に住んでいる場合ならば、「その駅周辺でおすすめのカフェやお店はありますか?」などと尋ねて会話を自然と膨らませるようにしましょう。おすすめスポットを聞くと会話が広がりますよ。

食べ物から共通点を探す

大体の人は食に関心があるので、話すことがない時には食べ物の話をすると良いでしょう。好きな食べ物の話や苦手な食べ物の話は、話すことがない時に鉄板のネタです。

共通の話題が見つからず話すことがない時でも、「食事をとる」というのは人間に共通するものなので、必ず会話のラリーを重ねることができるはずですよ。「今日は何を食べましたか?」などと、相手にどんなものを食べたのか問いかけるのも話のきっかけとして良いでしょう。

話すことがない時は時事ネタ

話すことがない時は時事ネタ
出典:https://www.pexels.com/

話すことがない時には時事ネタもおすすめです。そもそも時事ネタとは政治や経済における事象の総称と言われていますが、今では芸能ニュースや流行っている事柄なども時事ネタとして扱われることがあります。

それでは次は、話すことがない時のおすすめの話題《共通点》編をご紹介します。時事ネタを話すのには、事前のリサーチが大切です。普段からニュースやトレンド情報などを目にして、世間の流れを敏感に察知する癖をつけるようにしましょう。

芸能系のニュース

芸能系のニュースは話すことがない時のネタとしておすすめです。たとえば「最近○○さんと△△さんがご結婚されましたよね。2人が共演していた恋愛ドラマ見ていました!」など芸能系のニュースをピックアップして会話を繰り広げることをおすすめします。

この時のニュースは暗いものやマイナスイメージのものではなく、明るいニュースやおめでたいニュースを選ぶと、話すことがない状況でもすぐに盛り上がることができるでしょう。

政治系の時事ネタ

年上の方や真面目な方と話すことがない時には、政治系の時事ネタを話すのがおすすめです。現在の日本政治の流れや国際問題についてなど、話のきっかけになる話題をふって相手との会話をスタートさせましょう。

ただ、政治系の時事ネタは話している途中で意見が分かれてしまうこともあります。話すことがないからといって、高度すぎる時事ネタを話すのはあまりおすすめできません。軽く会話ができる程度の政治系の時事ネタを話すようにしましょう。

スポーツ系の時事ネタ

スポーツが好きな人やオリンピックシーズンには、スポーツ系の時事ネタを話すと良いでしょう。「オリンピックの卓球の試合、感動しました!」などスポーツの話題をふれば、相手がのってきてくれるかもしれません。

そこから共通の話題を見つけて、会話を膨らませましょう。ただスポーツネタはスポーツを全く見ない人にとっては退屈な話になってしまいます。話すことがないからといって、相手が興味のない話を一方的に繰り広げるのはやめましょう。

Twitter上で流行っていること

Twitter上で流行っていることをチェックすると、現在のトレンドを把握することができます。なので若い世代や年下の方との会話で話すことがなくなったら、Twitter上で流行っていることを振ってみるのも良いでしょう。

ツイート数が多い「トレンド」をチェックして、今何が流行っているのか見るのがおすすめです。TwitterのほかにもInstagramやTikTokをチェックして、話のネタを集めるのも良いでしょう。会話が弾んで踏み込んだ話ができるようになるかもしれません。

みんなが知っている時事ネタ

みんなが知っているような時事ネタを話すと会話がスタートしやすいので、話すことがなくなった時におすすめです。たとえば「新しいiPhoneが発売されますね」など夕方のニュースでやっているような話題をふれば、会話の糸口を掴むことができるでしょう。

みんなが知っている時事ネタは、老若男女問わず盛り上がることができる会話の話題なので、最近話題になっている時事ネタをいくつかリサーチして知っておくことをおすすめします。

話すことがない時は天気の話

話すことがない時は天気の話
出典:https://www.pexels.com/

天気の話は話すことがない時の鉄板の話題です。天気はその土地に住む人ならばだれでも共通する話題ですので、自然と会話を重ねることができるでしょう。それでは最後は、話すことがない時のおすすめの話題《天気》編をご紹介します。

ただ天気の話は、話題をつくるとっかかりとなるだけで何往復も会話のラリーを続けることは難しいです。なので天気の話題を会話のきっかけにして、趣味の話や時事ネタと繋げて会話を楽しむことをおすすめします。

天気の話をする

話すことがどうしても見つからないという時には、天気の話をしましょう。「今日は天気が良くて気持ちいいですね」「今日はどんより曇り空ですね」などと今日の天気の話をして、会話のきっかけづくりをしましょう。

「日曜日の天気は晴れるそうですが、なにかご予定はありますか?」と先の予定を聞いて話を膨らます方法もおすすめです。「相手に興味がある」という姿勢を崩さずにいれば、天気の話から会話をいくらでも盛り上げることができるはずですよ。

気温の話をする

天気の話題が一通り尽きたら、気温の話をするのもおすすめです。気温の話も天気の話同様に、話すことがない時の会話のきっかけとなります。「今日は暑いですね」「今日は涼しくて過ごしやすいですね」などと気温の話をして、世間話や趣味の話につなげると良いでしょう。

「暑かったのでクーラーをつけ始めましたが、どうですか?」などと気温の話から相手に問いかけるという方法もおすすめです。話題を提供して相手にも会話を楽しんでもらいましょう。

季節の話をする

季節の話をするというのも、話すことがない時の話題としておすすめです。日本には四季があり、それぞれ旬の食べ物やその季節ならではの行事があるので、話も広がりやすいでしょう。

「春夏秋冬、どの季節が好きですか?」という質問をして会話の糸口を掴むのもいいかもしれませんね。これまで話をしたことがない人とでも季節の話ならば、会話をスムーズに始めやすいというメリットもあります。会話に迷ったら天気の話と合わせて季節の話をするのもおすすめです。

天気の話から悩みを話す

話すことがない時には自分の悩みを打ち明けると、相手が心を開いてくれるかもしれません。しかし、いきなりヘビーな悩みだと相手が引いてしまう恐れがありますので、天気の話から共通しそうな悩みの話をするのがおすすめです。

「中途半端な気温だと何を着て良いのか迷いますよね」「ジメジメしているので、洗濯物が乾かなくて困りますよね」など話すことがない時には、みんなが抱えていそうな悩みを共有して話を広げると、自然と会話が広がっていくでしょう。

天気の豆知識を話す

話すことがない時の対処法として天気の豆知識を話すというのはいかがでしょうか?強く興味をひく内容ではないかもしれませんが、聞いていて頷ける内容であれば退屈せずに会話を楽しむことができるはずですよ。

例えば、「真冬日と呼ばれる日の条件は、最高気温が0度未満になることだそうですよ」など些細な知識を用意しておくとよいでしょう。ただあまりにも雑学をひけらかしていると、博識を自慢している人と思われるかもしれないので注意しましょう。

話すことがない時の対処法まとめ

話すことがない時におすすめの話題や対処法をご紹介しました。

話すことがない時には、相手の行動や少しの言葉から話を広げて、相手に興味を持つようにすると良いでしょう。興味を持って接すればそれが伝わり、話すことがないという状況から脱せられるはずです。

話すことがないけど話さなくてはいけないという時には、ご紹介した話題を参考にして会話を楽しんでいただければ幸いです。勇気を持って一歩踏み出せば、自然と会話ができるはずですよ。

関連リンク

  • 10/2 1:30
  • folk

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます