「パプリカ」のFoorin、3年間の活動を終了!親世代から感謝の声が殺到

拡大画像を見る

 小・中学生5人組ユニットのFoorinが9月27日、特番の「パプリカ『あしたにたねをまこう!LIVE』」(NHK Eテレ)をもって活動を終了した。

 Foorinはメインボーカルのもえの、ひゅうがとコーラス&ダンスのたける、りりこ、ちせの5人からなるユニット。18年夏からスタートした「2020応援ソング」プロジェクト内で結成された。同プロジェクトは「2020年東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げるため、すべての頑張っている人たちに届ける応援ソングを制作。夢や希望を抱くすべての人たちに、歌とダンスでエールを送り、その輪を広げていく」という趣旨でシンガーソングライターの米津玄師が作詞・作曲・プロデュースした楽曲「パプリカ」が制作された。

 特番ではMCのつるの剛士と上白石萌歌の進行とともに3年間のプロジェクトを振り返っていった。

 つるのが今回で卒業となることに触れると、メンバーのちせは「今まで考えないようにしてたのが急に来ちゃった」と寂しげにコメント。りりこも「何か今でも信じられないって言うか。何か本当に解散しちゃうのかな?っていうか」と言葉を継いだ。

 つるのはFoorinの活動を振り返りながら「何かこう、花火見てるみたいな感じだった。すごい花火って儚いよね、何か一瞬で終わるじゃん。でもみんなそれぞれの色があって、パ~ンってこう輝かしい色になって消えるんだけど、心の中にはずっとあの感動覚えてるじゃん」「すばらしい花火だったんじゃないかなと思いますけどね」とコメント。

 番組では、さらに振り付けを担当した世界的ダンサーの辻本知彦と菅原小春、米津のビデオメッセージも紹介。メンバーたちが涙する場面もあった。Foorinの最後のメッセージでは一人一人が感謝の気持ちをコメント。ひゅうがは「本当に幸せな3年間をありがとうございました! Foorinは卒業しちゃうけど『パプリカ』っていう歌はみんなを応援し続ける歌であり続けるので、皆さんの心にもそのパプリカの花っていうのが咲き続けたらいいなって思ってます」と歌への思いを語った。最後は万感の思いを込めて「パプリカ」をラストパフォーマンス。有終の美を飾った。

 ネットでは《いつかこの歌を聴いて、子供が小さかった時を思い出して懐かしくて泣く日が来ると思う。子供が大好きな曲でした。みんなお疲れ様でした。たくさんの思い出をありがとう》《うちの子も幼稚園で踊ってました。歌詞はあやふやですが歌ってました。いい歌ですね。初めて聞いた時は失礼ながらピンと来なかったのですが、何回も聞いてるとずっと聞いてられるくらい好きになりました。不思議な曲です》《うちの子がまるまる一曲歌も踊りも初めて覚えられたのがこの曲でした。子供がみるみる振りを覚えていく驚きや、コロナ禍の中で家族みんなが明るくなれるなど、たくさんのいい影響を与えてくれました》など、特に親たちから感謝の言葉が殺到した。

「『パプリカ』のMVはYouTubeでの再生回数が現在では2.2億回を超え、19年の『第61回日本レコード大賞』でFoorinは史上最年少で大賞を受賞しました。その翌年はコロナ禍もあって緊急事態宣言以後、イベントは全キャンセル。表立った活動はほとんどできない状況でしたが、それでも多くの人、とりわけ子供や親の心に残ったようです」(芸能記者)

 Foorinのメンバーも、ぜひ次の場所で花を咲かせていってほしいものだ。

(柏原廉)

関連リンク

  • 10/2 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます