秋冬も油断大敵!?今すぐ“ニオイケア”が必要なワケ

拡大画像を見る

 汗ばむ季節が終わり、「汗のニオイケアはしばらくお休み」と安心していませんか?

 実は秋冬といえども、周囲の人々はあなたの汗のニオイを敏感に感じ取っています。さらに、季節問わず生じる、ストレスによる体臭にも気を付ける必要があるんです!

 ファイントゥデイ資生堂が実施した、ニットやコートなど厚手の服を着こんだときに感じる秋冬の“じっとり汗臭”と“ストレス臭”に関する実態調査によると、75.2%の人がじっとり汗臭に気付いた経験があったそう。また、秋冬に周りの人のニオイが気になったことがあるシーン/シチュエーションを聞いたところ、「暖房の効いた電車(38.0%)」「重ね着が過剰なとき(27.0%)」「一緒にいる人がコートを脱いだとき(22.6%)」が多い結果に。

 焦りや緊張などのストレスによって発生するストレス臭については、「いつになったらコロナ禍が落ち着くのかが分からない」ことでストレスを感じると思う人が最も多く、47.4%となっていました。

 この結果を受けてコメントしている印象評論家の美有姫さんによると、「夏と比べて汗をかきにくく、より一層お洒落に対する人々の意識が高まる季節である秋冬は、ジャケットやコートを脱いだ瞬間にニオイを発してしまうと、周りの人に気付かれやすくなってしまいます」と、秋冬でも汗臭ケアの必要性を指摘します。

 さらに、人の印象は五感で判断されており、とくに嗅覚は無意識に作動、人や環境のニオイを勝手にキャッチして、その人やその環境を自分が好きか嫌いか一瞬で判断するとのこと!

「周囲に与える感情的影響は大きく、目に見える視覚(外見)と同じように自分が放つニオイに気を使うことで、印象力が上がり、職場やプライベートシーンでのコミュニケーションを円滑にする手助けとなります」(美有姫さん)

 秋冬のニオイケアに使えるアイテムには、汗臭とストレス臭がケアできる「エージーデオ24」シリーズなどの制汗商品の他、脇部分に消臭効果のある綿混汗取りパッドが付いてアウターにも響きにくい、トリンプのインナー「ひびきにくい」シリーズなどを着用する方法もあります。また、ブーツ臭を防ぐためには、「ベビーフット 薬用殺菌消臭石けん」などで足を洗うというのもオススメです。

 秋冬もしっかりとニオイ対策をして、周囲からの印象を下げないように努めたいですね。

関連リンク

  • 10/2 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます