カルディで見つけた優秀おやつ! 秋の味覚が詰まった3選

拡大画像を見る

 気軽につまめるおやつは、リモートワークの途中などに重宝する。そんな常備したいおうちのおやつにも秋の色を取り入れてみてはいかがだろうか。今回はカルディで体にもやさしく秋にぴったりなおやつを発見したのでそれぞれ実食してみた。

●懐かしくも新しい餅×芋×マシュマロの味わい


 「紫芋とかぼちゃのおもち」は、国産原料を使用した紫芋とかぼちゃのペーストを包んだ餅の詰め合わせ。個梱包になっており、好きなときに好きなだけ食べることや、複数人でシェアができるのが便利だ。
 餅生地の中にはペーストとマシュマロが入っており、3層の味わいが楽しめる。柔らかで弾力がありやさしい甘さの餅、ふわりとした食感のマシュマロ、ねっとりとした濃い甘さのペーストとそれぞれ特徴が際立っており、ありそうでなかった新しい感覚が楽しめる。紫芋、かぼちゃどちらも素材の味がしっかりとして食べる手が止まらなくなりそうだ。紫芋のほうが若干甘みが濃く感じられた。腹持ちもよく仕事の途中や少し小腹が空いたときにぴったりのおやつだ。

●ヘルシーでおいしいおからのクッキー


 続いて試してみたのは「おからクッキー」。おからをメインに豆乳など身体によさそうな材料を使用している。原料の半分以上が国産大豆100%の新鮮なおからでできており健康志向の方にも最適。内容はプレーン、かぼちゃ、紫芋の3種類。3種類とも若干の豆腐と小麦の香りがして、食べる前には違いがそんなにわからない。食感も変わらず、すべて共通してサクッと軽い歯ごたえが心地よい。
 プレーンは豆腐の素朴な味がダイレクトに伝わってくる。素朴な味わいだが大豆の甘さがあるので物足りなさは感じなかった。紫芋は鮮やかな色合いから少し甘めの味を想像していたが、1口目は思ったより甘さを感じられず、何度か噛むことで芋の甘みが口に広がった。それに比べて、かぼちゃは少しまろやかな甘さが印象的。3種類のなかで1番素材の味を感じられた。
 とはいえおからがたくさん使われているためか、大きな味の変化は感じられなかった。芋とかぼちゃの味は物足りないかもしれないが、素朴な甘さとサクサクの食感がくせになり、甘いものが苦手な方にもおすすめできそうだ。

●さつま芋の優しい甘さとふっくらとした食感は疲れたときの休憩に最適


 「さつまいもグラッセ」はさつま芋をふっくらと炊き上げたシンプルな材料なおやつだ。今回購入した3つのなかでは芋そのものの素材が1番活きている商品。どこか懐かしいパッケージに癒される。
 さつま芋ならではの甘さがしっかりと感じられ、噛んだときに感じるふっくらとした感覚もよい。てんさい糖がたっぷりかかっているのでざらりとした舌触りと独特の甘さがアクセントになり味わいを引き立てている。人によっては甘すぎると感じるかもしれないので糖の量を調整するのがおすすめだ。さつま芋とてんさい糖、還元水飴のみでつくられたおやつは素朴な味わいで、安心していただけるので子どものおやつにもよいだろう。
 今回実食した3品はいずれもやさしい味わいが印象的だった。小腹が空いたときにちょっと新しい商品を試したいときは「紫芋とかぼちゃのおもち」、糖質や健康を気にしながらおいしいおやつを食べたいときは「おからクッキー」、しっかりと芋の味を楽しみたいなら「さつまいもグラッセ」と気分や目的によってそれぞれの魅力を味わってほしい。(エフェクト・霜越緑)
※記事中の価格は購入時もの

関連リンク

  • 10/2 10:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます