結婚発表も大反響!嵐の櫻井翔が愛したのは「吉そば」のかき揚げそば(コロッケ付き)

拡大画像を見る

第86回 「吉そば」

 アイドルだって飯を食う。今回からついに、唐突にも男性アイドルを取り上げる。そもそも、男女平等の観点からも、もっと早くに男子を扱わなきゃならなかったのだ。

 さて、先月28日に嵐の櫻井翔と相葉雅紀が揃って結婚を発表し、センセーションを巻き起こしている。ファンはWロスでしばらく立ち直れないだろう。しかし、二人ともすでに38歳なのだ。もう好きにさせてやろうや。櫻井も相葉もこれからは現場にも愛妻弁当持参か。家で奥方の手料理に舌鼓を打つんだろうな。もしかしたら、すでに得意メニューでハートを握られているのかも……などと妄想も膨らむ。

■お相手は慶應大在学時に交際していた同級生

 櫻井のお相手は「慶應大在学時にも交際していた同級生」という。大学時代にはミスコンにも輝いた才色兼備で、卒業後は関西のテレビ局に勤務。長い春をそのまま実らせたなら美談だが、櫻井は18年にニュースキャスターの小川彩佳と破局した後に、この同級生と復縁している。

■エリートのわりに庶民派

 フィアンセを連れてお忍びで、どこで何を食べたのかもあまり明らかになっていない。ただ、プライバシーが守れるからと、立ち食いそば愛好を公言し、高級官僚の息子で幼稚舎からの慶應というエリートのわりに庶民派の櫻井。

 彼は週に3度は食べるそうだ。しかし、さすがにデートで立ち食いはない。人目を盗んでは単身、立ちそば屋(櫻井の命名では「スタンディングそばレストラン」または「クイックそばスタンド」)通いを続けるのだろう。

 櫻井がいつから立ちそばにハマったのかは定かではない。15年4月に発売された書籍『嵐、ブレイク前夜』(主婦と生活社)によれば、大学時代に友達とよく立ち寄っていたのも「富士そば」。

 昼や放課後に何を食べるかは、学生の最大の悩みだが、翔はかなりの頻度で「富士そば」行きを主張し、周囲も付き合わされる羽目になったという。本人はといえば、「数百円のきつねそばやわかめそばを、けっこうおいしそうに食べて満足していた」らしい。

■そばをかき込んでは「ウマイ」

 そして、ご存知『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の12年1月21日放送回は、櫻井が立ち食いそばの奥義に触れた転換点だったかもしれない。同回の「未知との遭遇しやがれ」コーナーのゲストは映画監督の大根仁。大根は立ち食いそばをこよなく愛し、「東京23区は立ち食いそばワンダーランド」だと、嵐のメンバーにレクチャーをした。

 大根曰く、「立ち食いそばは1960年の高度成長期にできた。高度成長期を支えたと言っても過言ではない。サラリーマンの味方であり、楽しみでもある。だからサラリーマンの気分になって食べてほしい」。よって、スーツ姿で櫻井が向かったのは「吉そば」代々木店だった。

 そこで櫻井が選んだメニューはかき揚げそば(コロッケ付き)だ。そばが着丼し、スマートに割り箸を割ろうとするが失敗。それでも気を取り直し、そばをかき込んでは「ウマイ」と唸る櫻井。そばを全部食べ終えると、どんぶりに残ったかき揚げとコロッケをおもむろにぐちゃっと混ぜるのが大根流。自分もコロッケそばを食べる際、けっこう試みるのだが、こうすると満腹感が俄然得られる。

■国産野菜・国産そば粉・日高昆布&天然かつお節使用

「吉そば」は都内に14店舗を展開する中堅チェーン。「きち」ではなく「よし」と読む。株式会社ノアによる経営で、同社は本来、音楽スタジオやダンススクールなどを幅広く手がける。なんでもスタジオ料金が安い深夜に練習する若者たちに「安価な夜食を提供したい」と、立ち食いそば店を始めたようだ。

 国産野菜・国産そば粉・日高昆布&天然かつお節使用がモットー。中目黒に1号店ができた時は、確かに昆布の旨味が出た優しくも力強いつゆに感動したものだ。それが多店舗展開を遂げるうち、次第にぼんやりしてコクのない、ただ甘くて薄いだけのつゆに変わったのは残念…。

 しかし、大盛無料がデフォルトなのと、一部店舗を除き、いまだに茹でそばを使用しているので、コアな立ちそばファンには根強く支持されている。

 もっとも、櫻井が来店した代々木店は生そばを使用しており、いわば日本有数の男性アイドルを迎え入れるのに適した店だったというわけ。唐揚げにめかぶやきのこなど、トッピング類も豊富なので、普段は立ちそばを食べない女性受けもよさそうだ。

■立ち食いそばに開眼

 さて、番組で大根が櫻井に課したのは10分内で食べ終わること。着丼までに1分は要さないから、9分55秒で店を後にした櫻井は、それでもアイドルらしく上品にそばを啜ったことになる。筆者などは仮に大盛りでも、5分ももらえれば完食し、残り時間はそば湯を飲みつつ、楊枝でシーハーしているだろう。

 ともあれ、この放送回収録時に、櫻井が立ち食いそばに開眼したのは間違いないと思う。新妻は昨年1月には退職し、結婚準備に勤しんでいたらしい。その間に料理の腕前も上げたろうが、夫婦和合のためにも、ゆめゆめ櫻井から立ちそばを取り上げぬよう心がけてもらいたい。男にはどうしても譲れないこだわりがあるものなのだ。

(取材・文=鈴木隆祐)

関連リンク

  • 10/2 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます