中国で消された『ウルトラマンティガ』!謎の「一斉配信停止」の本当の理由とは?

拡大画像を見る

 9月24日午後ごろ、日本では1996年に放送されていたV6・長野博(48)主演の特撮作品『ウルトラマンティガ』(TBS系)が中国の主要動画サイトで一斉に視聴できなくなるという騒動が起きた。

「江蘇省消費者権益保護委員会が4月に公表した報告書との関連について報じています。“未成年の視聴に有害”という理由で21作品を名指ししていて、“暴力的・犯罪的要素が多い”という理由で『ティガ』が4位、『名探偵コナン』が2位にランクイン。さらに、“暗くなる要素”だと『ティガ』が1位、『コナン』が2位でした。『ティガ』については、“怪獣を攻撃するいつものシーン以外にも、武器を使っての暴行、多くの人を脅かす、放火や爆発などの暴力的なシーンがある”という指摘もありますね。まあ、コナンはサスペンス作品なのでやむを得ない部分もありますが……」(特撮ライター=以下同)

 中国メディア『現代快報』が江蘇省消保委に取材したところ、「削除は、動画掲載プラットフォーム側の自主的行為であり、江蘇省消保委とは無関係」「江蘇省消保委として動画関連の経営者と同件に関連して対話などをしたことはない」とのことだった。

 しかし、今回削除騒動があったのは『ティガ』だけで、ほかのウルトラマンシリーズは視聴可能のままだったのはなぜか?

 中国では『ウルトラマン』の人気は非常に高く、中国限定の公式グッズやコンテンツが展開している。09年には温家宝首相が「私の孫が見るテレビ番組といえば、『ウルトラマン』ばかり。もっと中国のアニメを見るべきだ」と発言したり、11年の映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』が、初週興行成績約1億7040万円で邦画としては中国で過去最大の記録を更新したこともある。

■「民主主義を想起させるからでは」という声も

 くわえて、「暴力性」を指摘するならコンプライアンスが緩かった昭和のシリーズや、国内でもあまりに凄惨な描写から『朝日新聞』で批判投書が載ったこともある04年の『ウルトラマンネクサス』の方がえげつないという声もある。

「『ティガ』は日本と同じ96年に中国で放送されていて、向こうでも絶大な人気を誇ります。中国共産党による和製コンテンツの規制が緩和されて初めて輸入された特撮番組という土壌もありますね。

 そのため今回の騒動に反発する声も非常に多い。こうした反響を受けてなのか、一部のシーンをカットしつつも27日の時点で『ティガ』の配信が復活しました。中国では軍事教練の打ち上げで大勢の学生が中国版オープニングを歌う様子がSNSに投稿されるほどですからね。その分、知名度が高くて見せしめ的にやられたんじゃないかと考えられます」 

 またネットでは『ティガ』と中国について、「実は暴力描写うんぬんは建前ではないのか」という陰謀論めいた考察もある。

「終盤のエピソードでティガはラスボスの邪神ガタノゾーアに完敗してしまうんですが、最後まで希望を捨てなかった世界中の子どもたちの“光”で蘇り、“グリッターティガ”となって倒すんです。この描写を穿った見方をすると、民主革命を想起させるんですよね。昔、フィリピンでも似たような“ボルテスV事件”があったことも、この説に信ぴょう性を見出す人が多い要因となっていると思われます」

■フィリピンでおきた『ボルテスV事件』

 77年に日本で放送していた『超電磁マシーン ボルテスV(ファイブ)』(テレビ朝日系)は78年にフィリピンにも輸入されたが、最高視聴率58%という異次元の数字を叩き出し、社会現象となっていた。

 しかし、親や教師らから「本作品の内容が暴力的であり、道徳的でない」というクレームが寄せられたり、当時まだ第二次世界大戦の余波で反日感情が強かったこともあり、抗議団体も結成されるほどだった。

「結果、最終話直前になってフェルディナンド・マルコス大統領が放送禁止する事態が発生したんです。これを96年に岡田斗司夫は自著『オタク学入門』で、

《ストーリー後半が革命を示唆する内容であったため、独裁的な政権運営を行なっていた当時のマルコス政権による政治的圧力で放送が禁止された》

 としていました。また、91年の『NHKスペシャル・ドキュメンタリーアジア発』で配給会社は、“政界のその筋にパイプを持っていなかったため、我が社だけが不公平な扱いを受けた。ビジネスにはよくある話”と証言していますね」

 いずれも過去の話であり、17年には放送40周年イベントがフィリピンで開かれたり、昨年1月にはフィリピン制作で実写リメイク作品『Voltes V Legacy』の製作が発表されている。こうした出来事があったため、より今回の「ティガ配信停止騒動」に政治色を感じる声が多かったのだろう。

 思わぬ騒動だったが、改めて中国での『ウルトラマンティガ』の存在の大きさが明らかとなる事件だったーー。

関連リンク

  • 10/2 7:06
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます