「もし告白してNOだったら…」目黒蓮が隠れ家バーで、恋愛観を語る!

ひとたびメディアに登場すると大反響を巻き起こす、大人気アイドルグループSnow Man。

その活躍ぶりは、まさに“飛ぶ鳥を落とす勢い”といえるだろう。

メンバーは個々としての活動も目覚ましい。中でも、モデル、俳優、バラエティと多方面で大活躍なのが目黒 蓮さんだ。

見る人を惹きつけ、たちまち虜にしてしまう、彼の魅力の根底にあるものとは一体何なのだろうか?

心に秘められた熱き想いに迫った。

目黒 蓮が大切にする「想いの伝え方」とは?


「あまりにイケメンで緊張します」と撮影直前に話すのは、『Ao』のバーマネージャー・西村和也さん。この日は目黒 蓮さんにお酒を差し出し、写真にも入る役を担う。

いざ、スーツできめた目黒さんがバーカウンターに腰を下ろすと、店内の空気が一変した。

真っ赤な壁が先ほどよりぐっと艶やかに見え、温度が上がったと錯覚するほど現場に高揚感が漂う。西村さんの緊張も高まるはずだったが、違った。

「このバーはホテルの宿泊者以外でも入れるんですか?」
「普段の営業は何時までですか?」

目黒さんから普通の客のような自然な問いかけが発せられ、現場の雰囲気はふわふわと解れていった。

真の美形は腰が低いのだ。加えて大人の男の色香も放たれているのだから、やんごとない。

ロケ地は、日本橋兜町にある複合施設「K5」の1階にあるバー『Ao』。少しレトロな隠れ家といったバーに入った目黒さんは、興味深そうに本のラインナップを眺めてから腰かけた


誰かに影響を受けて得たものか気になり、憧れの男性を聞くと、遠いところにいるある人物があげられた。

「おじいちゃん、ですね。

僕が生まれた時にはもう亡くなっていたんですが、どんな人だったかおばあちゃんがよく教えてくれたんです。色々聞いた話から、凄く情の深いタイプだったとイメージしています。

例えば、おばあちゃんがちょっと恥ずかしそうに、“若い頃にラブレターもらってたんだ”と話してくれたことがありました。

ラブレターを書いて想いを伝えるなんて可愛らしいし、いなくなってからも、大切な思い出として語り継がれるエピソードがあるって素敵。

おばあちゃんも、数十年経っても孫に話すくらい、嬉しかったんだなって」

愛情をストレートに伝えることに、大人の男の格好よさを感じたと言う。

では、自身も祖父のような男性を目指している?

「はい。あと、なんか……、僕自身がおじいちゃんになりたい願望があります。

将来、自分に孫ができた時に、おばあちゃんが僕にしてくれたように、孫に未来の妻との話を伝えることに憧れています」

想いをストレートに伝えられる男でありたい


なんと、24歳にして孫との関係を夢みていた!

孫の話は気が早いので、まずは女性とのお付き合いについて聞いてみた。

目黒さんといえば、「相手の目を見つめながら〝好きです、付き合ってください〞って伝えたい」というコメントがSNSで話題になった。

その件を確認すると、「後悔しないように、結果はどうあれ想いは伝えます」とのこと。

では、考え難いが、もしも「ごめんなさい」と言われてしまったら?

「膝から崩れ落ちます」

カクッと膝を落とすジェスチャーとともに言い、現場が爆笑に包まれた。これはユーモアで相手に気まずい思いをさせないという絶妙な心くばり。

逆にOKの場合を聞くと、「両手をあげます」とガッツポーズ。どうやら溢れる感情は言葉よりも身体で示すようだ。

それでは、付き合う前後に計画する大人のデートとは?

「プラネタリウムに行きたいです。天体が好きなので、夜空の眺めを共有したい。

静かな暗い空間で隣に座ったら、それだけでドキドキするじゃないですか。ちょっと動いたら手が当たっちゃうみたいな」

ここで、「一応当たらないように座るんですね」と体勢を聞くと、「いや、当たるように座ります(笑)」と確信犯。

好きな人が隣にいたら、空気をよんで距離を縮めるそうだ。

「天体観測のその後は…」目黒さんが理想のデートを語りつくす!

そして、天体観測のあとは目黒さんが予約した店でディナーである。

「男性が内緒で予定をたてて、頑張って高いところを予約している感じが女性は嬉しいのかなと思います。

彼女は何が好きか、最近何を食べたいと言っていたかをさり気なくリサーチして、具体的なことを聞けたら“よしっ!情報ゲット!”みたいな(笑)。

その日の為にできることを見つけにいきます」

そうやって理想のデートをリアルに話しつつも、「それか、どこか遠くに旅行へ連れて行くのもいいですね」と、目的地は地方へ延びる。

自然豊かな田舎が理想と言うので、具体的な地名を聞いた。

「新潟かな。小さい頃に行ったことがあり、とてものどかでお米が美味しかった記憶が残っています」

大切な人に対して何でもやってあげたくなってしまう。情で動かされる気質


話を聞いていると、デートも旅も、相手を喜ばせたい気持ちが溢れる。面倒見がいいのだ。

「何でもやってあげたくなっちゃうんです。きっとおじいちゃんみたいな気質が自分にもあって、情で動かされるのだと思います。

例えば、仲間から何か相談されたら、僕なりに経験したことをかき集めて全力で答えたくなるし、その後、どうやって挑戦しているかもしっかり見届けたくなってしまう」

愛情深さはファンに対しても同じで、全力で応えようとしている。

目黒蓮さんとは、人に対する強い想いで溢れた人であり、その魅力が周りの人々を魅了してやまないのだろう。

目黒 蓮さんが訪れたのは…… 「K5」


昨年2月、日本随一の金融街である日本橋兜町に開業した複合施設「K5」。1923年に建てられたビルを、リノベーションして誕生した。

今回、撮影場所となったのは1Fにあるバー『Ao』。建物の心臓部分をイメージして、壁や床がすべて赤に塗られている。

ライブラリーとバーが一体化したサロンをイメージし、店内には本がずらりと並ぶ。

妖艶でこぢんまりとした空間は、大人の秘密基地のようだ。

■プロフィール
目黒 蓮 1997年生まれ、東京都出身。14歳でジャニーズ事務所へ入り、2019年1月にSnow Manへ加入。その1年後にCDデビュー。俳優としても活躍するほか、雑誌『FINEBOYS』のレギュラーモデルも務めている。10月から始まるドラマ『消えた初恋』(テレビ朝日系列、土曜23:30~)では主役を演じる。9月29日にはSnow Manファーストアルバム『Snow Mania S1』を発売。



東京カレンダー最新号では、目黒 蓮さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
Snow Manを応援してくれるファンへの熱い想いを語ってくれました。撮りおろし写真も必見です!

アプリのダウンロードはこちらから。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/2 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます