12,800円の“大人の食べ放題”が西麻布に誕生!約80種の豪華料理のクオリティが凄い!

我が街・西麻布に何やら“大人の食べ放題”ができたという。となれば、その噂の真相を確かめに行かない手はない!

東京カレンダー編集部一の食いしん坊、船山が突撃取材を敢行した!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

『田中田』プロデュースの食べ放題が話題!個室で寛いで愉しめるのも良い!


噂を聞いて訪れたのは、西麻布の外苑西通り沿いにある『博多 奈良屋』。

もともと、水炊きの『博多中』があった場所に出来た、話題のお店だ。

実は『博多 奈良屋』は、あの高級居酒屋『田中田』が出した新しいお店。

「刺身盛り合わせ」は一品ずつにしっかり仕事がされており、抜群に旨い


『田中田』といえば「博多発の料理が抜群に美味しい、大人の居酒屋」であり、西麻布のハイクラスな皆様にはお馴染みの一軒。

そんな高級店レベルの料理が食べ放題というから驚きだ。金額は12,800円(2時間半制、LOは35分前)で、約80種類の料理が食べ放題となる。

「この値段だと、一瞬で元が取れちゃいませんかね?」と船山。

「本日のカニ」は北海道産。きちんとむき身にしてくれるのがうれしい。カニ味噌と混ぜていただこう


個室に入り、オーダーはタブレットで。食べやすいように1人前のポーションで届けられるのも嬉しい。

メニューを見ると、高級食材のオンパレード。ファーストオーダーは最初からフルスロットルで、お刺身、カニ、のどぐろ!

「九州仕立て のどぐろ煮付け」。甘めでコクのある味が日本酒を呼ぶ


マグロは、やま幸のもので、抜群に旨みが濃い。カニは身がプリップリで土佐酢が効いている!

また、このノドグロは甘めの味付けでねっとりと旨い!と驚きの連続!

豪華食材のオンパレードに、次のオーダー品への期待も高まる!

お肉も〆もとにかく、全てがハイクオリティ!

お肉メニューも盤石なラインナップ!

次は一転して、お肉メニューをご紹介。


牛の角煮が入った「牛カルビ肉じゃが」。

すべての具材にしっかり味が染み込み絶品!


続いては、黒毛和牛の「ヒレステーキ」。

絶妙な火入れでレア目に仕上げている。


厚切りの雲仙ハムを使った「雲仙カツ」も名物の一品。

カラシとソースでいただこう!

お肉メニューはこのほかにも名物の手羽先や、幻の地鶏「天草大王」を使った料理なども人気!

「ぜいたく丼」


そして、「いよいよですね」とオーダーしたのが『田中田』名物の「ぜいたく丼」!

大トロ、いくら、ウニがこんもりと盛られた日本一映える丼だ。

「これも食べられるなんて……!」と、思わず感極まる船山。

口内に含むと、大トロの美味さが口いっぱいに広がる!うに、いくらの産地は都度変わるが、魚の質に定評ありな同店ならではの新鮮さ。

必食の一杯なので、ぜひオーダーして欲しい。

複雑な旨みが融合した「特製カレー」も外せない!


すべての料理の質が尋常じゃない。これはもはや事件!

船山は「手羽先」や「ポテサラ」「特製カレー」などの、居酒屋の定番メニューもオーダーし、最後は懐かしさを感じる「大人のプリン」で〆、15皿食べたところでタイムアップ!

めちゃくちゃお得な内容に、次もまた来るぞ!…と心に闘志を燃やし、西麻布を後にしたのだった…。

なお、中学生未満、またはプロのフードファイターはお断りとのこと。また、食べ残しをした場合は追加料金がかかるので、適度な範囲で楽しむべし!

【原稿を担当したのは・・・】

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/2 5:06
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます