数量限定!「焼肉ライク」の豚肉メニューが、沖縄県産“あぐー豚”になって登場


いつでも・気軽に・ひとりでも行ける焼肉ファストフード店「焼肉ライク」が、沖縄大手畜産「我那覇畜産」とタッグを組み、10月1日(金)より、全てのメニューの豚肉を沖縄県産『あぐー豚』に変更して販売を開始した。

メニューの豚肉が沖縄県産『あぐー豚』に!

『あぐー豚』は沖縄固有で頭数が少なく、とても貴重な豚。くさみやアクが少なく、脂肪の甘み・旨味、あっさりした味わい、やわらかな口あたりが特徴だ。

今回「焼肉ライク」全店舗では、既存のイベリコ豚・豚肩ロースを盛り付けているセット及び単品メニューを、この沖縄県産『あぐー豚』に変更して販売。なお、クレイジータン(豚タン)は除く。

数量限定販売で、売切れ次第終了となるので、気になる人はお早めに。

沖縄出身者を対象としたサービスも

また、同日より店舗限定特典として、“沖縄出身の人”で対象商品を注文した人に限り、『あぐー豚』単品50g1皿を無料サービス!こちらも数量限定・売切れ次第終了となる。

実施店舗や対象商品は、「焼肉ライク」HPをチェックしてみて。

新型コロナウイルス感染予防対策を実施

「​焼肉ライク」では、座席にアクリル板の仕切りを設置し、従業員の検温と手洗いの徹底、マスク着用を義務化。

そのほか、店内換気・消毒の徹底・タッチパネルメニューやタレなどの備品の消毒・除菌、使い捨て完封箸を使用、会計時のキャッシュトレー使用徹底、店内へのアルコール消毒液の設置など、新型コロナウイルス感染予防のための取組みを実施している。

約2分30秒で客席全体の空気が入れ替わる


また、同店では、1人1台の無煙ロースターを設置。煙と臭いだけではなく、店内の空気を強力に吸い込むため、約2分30秒で客席全体の空気が入れ替わり、密閉環境の回避につながっている。


席はひとり席のカウンターがメインで、間仕切りがあり、目線が合わないような工夫も。注文はすべてタッチパネルで、お冷や、箸・おしぼりが席に設置されているので、会計以外は席で完結することができる。

感染予防対策を徹底した店内で、安心して食事を楽しもう。

画像をもっと見る

  • 10/1 18:10
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます