第一弾は石川県を取材!辻口博啓主宰のYouTubeチャンネルで新コンテンツ配信


パティシエの辻口博啓氏が主宰するYouTubeチャンネル『Food Master Japan(フードマスタージャパン)』は、10月1日(金)19:00より、日本各地を巡りその土地の食や文化、伝統工芸などを紹介する新たなコンテンツ、“Visit the Masters – Ishikawa Prefecture / 日本の食文化 – 石川編”をスタートする。

辻口氏の故郷である石川県が舞台


第一弾は、辻口氏の故郷であり、同氏が観光大使を務める「石川県」が舞台。

石川県は山海の幸に恵まれており、「能登の里山里海」は世界農業遺産にも認定されるなど食材の宝庫としても知られ、江戸時代に花開いた加賀百万石の伝統文化が未だ受け継がれている。また温泉とおもてなしの文化が根付き、観光地としても人気だ。

石川県を代表するプロフェッショナルが登場

今回『Food Master Japan』では、石川県を代表する各分野のプロフェッショナルたちの普段見ることのできない裏側を取材。独自の目線で撮影された、石川県の知られざる新たな魅力を配信する。


日本を代表する石川県の旅館、和倉温泉「加賀屋」の芸術的な舟盛りのほか、能登半島の輪島の地で200年以上続く「輪島キリモト」の伝統的な木工技術や新しい漆塗り技法など、様々な職人技が光る貴重な作製風景を取材。他にも「大樋焼」や食用金箔を取り扱う「箔一」、「DENEN」の珠洲の塩、新進気鋭のオーベルジュ「Villa della Pace」など、ここでしか見られないプロの技を撮影した。


また、伝説の鮨職人・「小松弥助」の森田一夫氏や、日本最高峰の醸造家の一人・農口尚彦杜氏、350年以上の歴史を持つ茶陶の大樋焼より美術家・十一代大樋長左衛門氏など、日本が誇る石川の職人たちと辻口氏との対談や、数多くの星付きレストランが惚れ込むNOTO高農園の高利充氏のインタビューも配信する。


さらに、「体験V-log」として、小松弥助(食事V-log)、和倉温泉「加賀屋」(宿泊V-log)、農口尚彦研究所"杜庵"テイスティングルームでの試飲、辻口氏による瀬上水産の牡蠣養殖場の取材とオイスターバーのレポートなどもある。

辻口氏によるホームクッキングも


そのほか、「NOTO高農園の野菜(キャロットケーキとスイートポテト)」、「箔一の食用金箔(金メダルチョコ)」、「DENENの塩(ガレット)」など、石川県の食材を使っておうちで簡単に作れるスイーツも紹介する。

全国の食や伝統工芸にフィーチャーした新しいコンテンツをお見逃しなく!

画像をもっと見る

  • 10/1 18:10
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます