嵐・松本潤、連載でも櫻井翔&相葉雅紀の結婚を盛大に祝福! 「ニノの時と違いすぎ」「かわいそう」の声相次ぐ

拡大画像を見る

 嵐の松本潤が9月30日、ジャニーズ事務所公式モバイルサイト「Johnny's web」の個人連載コーナー「Enjoy」を更新。同28日に結婚を同時発表した櫻井翔と相葉雅紀をあらためて祝福した。

 2人が結婚を発表した同日、松本のほか、二宮和也、芸能活動休止中の大野智が、ジャニーズを通して祝福コメントを発表。二宮や大野が「この度は本当におめでとうございます!」「20年以上共に歩んできた仲間が結婚をするという決断に、とても感慨深く思います」などと、かしこまった文章を交えてメッセージを送った一方で、松本は「最初、2人が結婚したのかと思ったよ(笑) いっぺんに報告を受けて、ほんとに仲が良いなと思いました」「これからも変わらずよろしく! 本当におめでとう!!」などと親しい距離感を感じさせるメッセージを多用していた。

「そんな松本は、櫻井と相葉の結婚がよほどうれしかったのか、自身の連載でも2人を『大事なメンバー』と形容しながら、長文で2人への祝いの言葉をつづっています。さらに、今回の発表をポジティブに受け取れない一部ファンに向けて、松本なりの表現で理解を促しており、“仲間の結婚をみんなに認めてほしい”という彼の優しさが伝わるような内容となっています」(芸能ライター)

 「大事なメンバー」の吉報を喜ぶ松本のハイテンションぶりがファンの間で話題になる中、ネット上では「二宮くんの時、ダンマリだったじゃん!」「ねえ潤ちゃん、ニノの時との違いがわかりやすすぎるんだよ」「さすがにニノがかわいそう」といった声が相次いでいる。

「二宮が2019年11月12日に、元フリーアナウンサーの女性との結婚を発表した際、祝福コメントを寄せたのは、なぜか櫻井と相葉の2人のみで、松本は連載でも直接この話題に触れることはありませんでした。また、同21日発売の『週刊文春』(文藝春秋)は、二宮が結婚を強行したことでグループ内に亀裂が生じたと報道。特に松本が猛反対したと伝えられたため、ネット上では、『2人の間に確執が生じたのではないか』と疑う声も多く上がっていました。最近は不仲説もすっかり消えつつありますが、今回、松本が連載で櫻井と相葉の結婚に触れたことで、二宮の時とのテンションの差が浮き彫りになったといえそうです」(同)

 二宮の結婚時とは明らかに様子が異なる松本。タイミングさえ違えば、二宮のことも櫻井や相葉同様に、盛大に祝っていたのだろうか。

  • 10/1 18:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます