「寂しがり屋な彼が少し面倒...」上手く乗り越える対処法4つ

拡大画像を見る


「寂しがり屋な部分がめちゃくちゃ可愛い」そんな彼と、思わず衝突してしまったという経験はありませんか。寂しがり屋な彼がいると、甘えられるのが嬉しかったり、少し面倒に感じてしまったり、慌ただしい日常生活になりますよね。なかには、連絡が遅くなると電話が沢山かかってくる、というケースも。今回は、疲れてしまったときに活用できる、寂しがり屋な彼との付き合い方をご紹介します。つらい時期を上手く乗り越えて彼との絆を深めましょう。


余裕がないときは素直に伝える

忙しくてなかなか連絡ができない・誰かと話すのがしんどい、というケースは誰にでもあると思います。しかし、連絡がないことで、喧嘩になってしまうカップルは多いですよね。どちらか一方が寂しがり屋な場合は、毎日喧嘩という最悪の状況にもなりかねません。疲れを感じたときは、喧嘩予防として自分の状況を細かく話してみてはいかがでしょうか。連絡が遅くなったとしても、配慮してくれるはずです。


寂しくなる理由をきいてみる

寂しくなる原因さえ分かれば、疲れていたとしても負担なく交際を続けられる可能性があります。思いきって理由を聞いてみるのはいかがでしょうか。彼との時間を大事にしたいと考えていても、一人・友達との時間も必要ですよね。原因を把握して、一緒に解決方法を探るといいでしょう。


今後について話し合う

寂しがり屋な彼と一緒にいるうちに、どんどん心が疲弊していくという女性は少なくありません。将来のことを考えて、彼としっかり話し合う必要があるでしょう。たとえ喧嘩になったとしても、無理をしていれば、いずれ大きなトラブルになります。修復のできない関係になる前に、自分の気持ちを伝えて、よく話し合うのがベスト。


愛情表現を見直す

最近、彼の寂しがり屋具合が上がっているな、と思ったら、それは愛情不足からくるものかもしれません。連絡が少し遅くなっただけで文句をいわれる場合には、愛情表現を見直してみるといいでしょう。普段しない愛情表現も積極的に活用することで、喧嘩をせず平和に過ごせる可能性がグッと高まります。


まとめ

最初のうちは、自分の彼って可愛い!で済ませられていたことも、だんだん疲れてしまったというケースは珍しくありません。生活スタイルや職場環境などが違う以上、なにもかも彼を優先にして行動したり考えたりするのは難しいですよね。疲れが積み重なってしまうと、心に余裕がもてず喧嘩にも。少しでも疲れを感じた場合は、無理をせずに話し合い・行動の見直しで解決しましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/1 22:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます