彩風咲奈「新生雪組の魅力たっぷり」宝塚雪組新トップスター通し稽古

拡大画像を見る

 宝塚歌劇団雪組新トップスター・彩風咲奈と新トップ娘役・朝月希和が1日、都内の東京宝塚劇場で「CITY HUNTER-盗まれたXYZ-/Fire Fever!」(2日~11月14日、同所)の通し舞台稽古に参加した。

 ミュージカル「CITY HUNTER-」は、1983年に連載が開始された北条司氏の大人気漫画「シティーハンター」の初の舞台化。アニメや実写映画なども含め35年以上も愛され続ける傑作ハードボイルド・コメディーで、彩風は女好きのすご腕スイーパー冴羽リョウを硬軟織り交ぜて演じ、朝月はパートナーの槇村香役を務める。

 ショー オルケスタ「Fire Fever!」は、雪組生が舞台上で火花を散らすように競い合い、客席を熱狂の渦に巻き込むショー作品となっている。

 東京でのお披露目公演を前に、彩風は「出演者全員で同じ舞台に立つことができ、お客様に作品をお届けできることに喜びを感じています。両作品とも新生雪組の魅力をたっぷり詰め込んだ二本立てです。“CITY”を東京に移し、皆様に“熱い”ステージをお届けできるよう、出演者一同、精いっぱい努めます」とコメント。この日、劇場の外は台風で大荒れの天候とあって、通し舞台稽古の最後には「明日の初日からどうぞよろしくお願いいたします。台風が過ぎ去ってくれることを祈っております」とあいさつした。

関連リンク

  • 10/1 21:08
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます