かつみ・さゆり借金残額は「1億7000万円」コロナ禍で新たに500万借りた

拡大画像を見る

 夫婦お笑いコンビ「かつみ・さゆり」のさゆり(52)が1日、「さゆり52歳 生き様ビューティー」出版記念オンライントーク&サイン会を開催。現在の借金残額が1億7000万円であることや、コロナ禍で500万円を新たに借りたことなど赤裸々に明かした。

 夫・かつみ(58)もイベントに登場。「何でもしゃべりますよ」と切り出すと、「借金はあと1億7000万です」とケロリ。さらに、「よしもとファイナンスで新たに500万借りました」と明かした。

 横に座るさゆりも笑顔を見せながら「1年据え置きだったんですけど、いよいよ支払いが始まりました。5月から。いま、大変です」と続ける。さらに「吉本はなんだかんだ言われますけど、やさしい会社ですよ」と話し、お金を借りた際のエピソードを披露した。

 「昨年、コロナで(収入が)9割減になった時に、すぐによしもとファイナンスから電話がきた。(返済が)無理ですよね。お金を貸しますよって」

 さらに、かつみは「よしもとファイナンスって、30年近く前にできたんですけどね。僕と、オール阪神さんと、中田ボタンさんの3人のために、つくってくれはったんです」と裏話も明かし、オチを付けて笑わせた。

 過去には、借金が最高2億5000万円あったことを明かしているが、「本には山あり谷あり、谷あり、谷あり…。谷ばっかりの人生も書かせていただいてます」と自虐ネタでPR。終盤、さゆりは涙で言葉を詰まらせながら、「苦しんでいる方のちょっとの晴れ間に、この本がなってくれたらいいなと。きょう雨でもあしたはきっと晴れる。頑張りましょうね」と呼び掛けた。

関連リンク

  • 10/1 19:36
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます