宮根 眞子さま「複雑性PTSD」公表「ここまで発表されるのか」ショッキングな詳細に

拡大画像を見る

 宮内庁は1日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚について、26日に結婚することや、一時金は支給されないことなどに加え、眞子さまが「複雑性PTSD」と診断されたと発表した。午後のテレビ各局の情報番組やニュース番組が一斉に伝えた。

 日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」でも、診断した医師の見解として「自身と家族、相手とその家族に対する誹謗中傷と感じられる出来事を長期にわたり反復的に体験した結果」として、詳細が発表されたことを伝えた。

 司会の宮根誠司は「大変ショッキングな言葉なんですが、無力感を感じる、平穏な生活を送りたいという願いが不可能になってしまう恐怖感」と、発表された内容に触れ、「ここまで発表されるのか」と異例の発表に驚きの声をあげた。

 番組では、宮内庁が眞子さまのご意思での発表と説明していると伝えた。

 宮根は「眞子さまがこれだけ長い間、悩んでいらっしゃったというのは、大変私はショックを受けました。おめでたい結婚会見を見たいなと思います」と述べた。

関連リンク

  • 10/1 19:32
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます