松坂桃李・神宮寺勇太・本田仁美・遠藤さくら…10月生まれの豪華芸能人

【モデルプレス=2021/10/01】“10月生まれの芸能人”も、各方面で華々しく活躍するアーティストや俳優が勢ぞろい。ここでは、その中から15人をピックアップして紹介する。

◆杉咲花(10月2日生まれ)
杉咲は、若手実力派女優として連続テレビ小説「おちょやん」(2020年、NHK)、「花のち晴れ~花男 Next Season~」ほか多くの作品で活躍。

10月6日からはドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系)で主演を務めるほか、映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」(12月30日公開予定)のヒロイン役としての出演も決定している。

◆遠藤さくら(10月3日生まれ)
乃木坂46の遠藤は、透明感のあるキュートなビジュアルで人気を博し、同グループの24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」、27thシングル「ごめんねFingers crossed」でセンターポジションを担当。

また最近では、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に坂道グループから初めて出演して注目を集めた。

なお、乃木坂46では伊藤理々杏、金川紗耶、林瑠奈らも10月生まれ。

◆本田仁美(10月6日生まれ)
AKB48の“ひぃちゃん”こと本田は、2018年~2021年4月までグローバルガールズグループ・IZ*ONEのメンバーとして活動し、知名度が急上昇。

優しげで愛らしいルックスに努力家な人柄、どんな激しいダンスでも上品に魅せる高いパフォーマンススキルで、日本はもちろん海外からも人気を集めている。

◆清野菜名(10月14日生まれ)
清野は、10月19日スタートのドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)にヒロイン役として出演予定。さらに、同ドラマの他にも、映画「耳をすませば」(2022年公開予定)、「ある男」(2022年公開予定)の公開が控えている。

また、高校時代にアクション監督・坂口拓氏の元で技術を磨いた経歴を活かし、アクション女優としても活躍している。

◆鈴木伸之(10月14日生まれ)
劇団EXILEの鈴木は、ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(2021年、日本テレビ系)、映画「ブレイブ ‐群青戦記‐」(2021年)、「東京リベンジャーズ」(2021年)などに出演し、俳優として安定した活躍を見せている。

また、10月も主演を飾ったドラマ「お茶にごす。」(10月7日スタート、テレビ東京系)と、「恋です! ~ヤンキー君と白杖ガール~」、「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」(10月4日スタート、フジテレビ系)の3作が放送予定。ドラマに映画、CMと多方面で引っ張りだこだ。

◆松坂桃李(10月17日生まれ)
松坂は、ドラマ「あのときキスしておけば」(テレビ朝日系)、「今ここにある危機とぼくの好感度について」(NHK)、映画「あの頃。」と主演作が途切れない。2021年は既に6本の作品に出演し、テレビで見ない日はないほどの活躍ぶりを見せている。

また、私生活では2020年10月に女優・戸田恵梨香との結婚を発表。バラエティ番組で度々明かされる戸田との微笑ましいエピソードにも反響が集まっている。

◆藤原樹(10月20日生まれ)
THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバーとして活動する藤原は、普段の色気溢れる雰囲気・パフォーマンスと、猫好きというキュートな一面とのギャップが魅力的。

また、アーティスト活動の傍らで、「PRINCE OF LEGEND」シリーズほか俳優としても活躍。最近では、「あざとくて何が悪いの?」(毎週土曜よる9時55分~、テレビ朝日系)のミニドラマに、同グループの神谷健太とともに出演して話題を呼んだ。

なお、鈴木・藤原のほかにもLDHグループでは、EXILE MAKIDAI、EXILE/EXILE THE SECONDのSHOKICHI、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの鈴木昂秀・山本彰吾、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEの奥田力也、DEEP TAKAらが「10月生まれ」として名を連ねる。

◆田村保乃(10月21日生まれ)
8月に1st写真集「一歩目」を発売し、10月13日にリリースされる櫻坂46の3rdシングル「流れ弾」では自身初のセンターを務めるなど、今勢いに乗っているのが“ほのす“こと田村保乃。

また最近では、「あざとくて何が悪いの?」のあざと連ドラ第3弾「あざとくないと恋は出来ない?」での好演も注目を集めた。

なお、尾関梨香、小林由依、松田里奈、大沼晶保など、同グループに所属する「10月生まれ」は他にも。

◆與那城奨(10月25日生まれ)
JO1の與那城は、リーダー・最年長メンバーとしてグループを牽引。その甘い歌声と安定したトーク力、メンバーをまとめ上げる優しい人柄で多数のファンから愛されている。

またグループとしては、5thデジタルシングル「Prologue」を10月11日にリリース予定のほか、同曲がアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の10月クール新エンディングテーマとなることも決定している。

◆佐藤勝利(10月30日生まれ)
Sexy Zoneの佐藤勝利は、映画「ブラック校則」(2019年)やゲームバラエティー番組「VS魂」(毎週木曜よる7時~、フジテレビ系)のレギュラーなど、アーティスト・俳優・タレントと多岐にわたって活躍。

また、現在は自身初の単独主演となる舞台「PARCO PRODUCE『ブライトン・ビーチ回顧録』」(~10月3日まで東京芸術劇場・プレイハウス、10月7日~13日に京都劇場で上演予定)に出演中だ。

◆神宮寺勇太(10月30日生まれ)
King & Princeの神宮寺は、普段のしっかりとした性格や紳士的な振る舞いが多くのファンの心を鷲掴みに。誰に対しても誠実に接する姿勢で“国民的彼氏”の異名を持つ。

また、ドラマ「WOWOW×東海テレビ共同製作連続ドラマ 准教授・高槻彰良の推察 Season2」シリーズや映画「うちの執事が言うことには」(2019年)など、俳優としても活動するほか、テレビ朝日系「名所から一番近い家」(2020年)では自身初のMCにも挑戦するなど、マルチな活躍を見せている。

佐藤・神宮寺ほかジャニーズでは、V6の長野博、生田斗真、KAT-TUNの上田竜也、A.B.C-Zの河合郁人、ジャニーズWESTの中間淳太、ふぉ~ゆ~の越岡裕貴・松崎祐介、ジャニーズJr.では、HiHi Jetsの橋本涼・井上瑞稀、Aぇ! groupの福本大晴、IMPACTorsの基俊介、少年忍者の織山尚大・稲葉通陽・檜山光成らが10月生まれ。

◆木村柾哉・佐野雄大・田島将吾・松田迅
日本発のサバイバルオーディション番組「PRODUCE101 JAPAN SEASON2」から誕生したグローバルボーイズグループINIでは、グループのリーダーを務める木村柾哉(10月10日生まれ)のほか、佐野雄大(10月10日生まれ)、田島将吾(10月13日生まれ)、松田迅(10月30日生まれ)の4人が10月生まれ。

グループとしては、公式YouTubeチャンネルで公開された楽曲「Rocketeer」のMVが、公開からわずか数日で300万回再生を突破するなど、11月3日のデビューに向けて着実にファンを増やしている(9月30日現在)。

なおモデルプレスInstagramでは、総勢30人の「10月生まれの芸能人」を紹介している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/1 19:19
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます