凱旋門賞回避のティオーナはエリザベス女王杯に予備登録

 凱旋門賞を回避したティオーナ(Teona、牝3、英・R.ヴェリアン)は11月14日に阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m)に予備登録をしたことがわかった。

 JRAのホームページより9月30日発表された。
 
 ティオーナは父Sea The Stars、母Ambivalent、その父Authorizedという血統の愛国産馬。今年のヴェルメイユ賞(仏G1)覇者。通算成績は6戦3勝。

 その他には以下2頭の外国馬が予備登録を行っている。

・サフロンビーチ(牝3、英・J.チャプルハイアム)
今年の英1000ギニー(G1)2着など通算7戦3勝。

・サンダリングナイツ(牝4、愛・J.オブライエン)
今年のプリティポリーステークス(愛G1)1着など通算13戦4勝。

(JRAのホームページより)

関連リンク

  • 10/1 15:26
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます