【凱旋門賞】マーフィー騎手ヒヤリ、パドックで落馬負傷も大事に至らず

拡大画像を見る

 現地時間9月30日、イギリスのソールズベリー競馬場で出走予定だった馬がパドックで暴走。鞍上のオイシン・マーフィー騎手が落馬負傷する事件が起きた。

 マーフィー騎手は救急車で病院に搬送されたが、数時間後に自身のTwitterを更新。唇と顔を数針縫う怪我を負ったが、すでに退院したことを報告した。

 10月3日の凱旋門賞(仏G1)に出走するクロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)への騎乗も、予定どおり可能とのこと。

(英競馬メディア『Racing TV』より)

関連リンク

  • 10/1 13:46
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます