深川麻衣『僕と彼女とラリーと』インタビュー「夢に挑戦することに遅い早いはないんだ、ということに気づかせてくれる」

拡大画像を見る

2021年11月に「FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦フォーラムエイトラリージャパン2021」の開催予定地だった愛知県豊田市・岐阜県恵那市を舞台に、過去の確執と向き合い乗り越えようとする若者の“新たなチャレンジ”と、“故郷の仲間たち”との繋がりを移りゆく自然豊かな美しい四季折々オールロケで描き出す、心あたたまるヒューマンストーリー『僕と彼女とラリーと』。9月24日(金)より愛知・岐阜 一部劇場にて先行公開中の本作が、いよいよ全国公開となりました。

父親との確執により過去にとらわれ将来に迷う主人公の青年・北村大河を森崎ウィンさん、大河の幼馴じみで自身のアイデンティティーに添い地元で暮らすシングルマザー・美帆を深川麻衣さんが演じた本作。脚本も手掛けた『今日も嫌がらせ弁当』の 塚本連平 監督が、故郷でラリーを通して新たな目標にチャレンジする人々の物語を四季折々の自然とともに紡ぎます。

深川麻衣さんにお話を伺いました!

ーー映画を拝見させていただいて、すごく素敵なお話で温かい気持ちになりました。今回、深川さんが演じたのは母親役でしたが演じられていかがでしたか?

今までも母親役を演じさせていただくことはあったのですが、ここまでがっつりと長い間、子役の子と一つの作品で関係性を築くのも初めてだったので、ちょっと緊張はしていました。どうコミュニケーションを取ろうかなと考えながらやっていたんですけど。敢太くん役が、一和くんという子役さんだったので “いっちゃん”って呼んでいて。その時期、『鬼滅の刃』がとても話題だったので、鬼滅の話で仲良くなりました。(笑)。

ーー本当に母と子の様な、微笑ましいお話をされていたんですね。他の皆さんとも撮影の合間も楽しくコミュニケーションを取られていたんですか?

他の共演者の皆さんも良い方々ばっかりだったので現場は和やかな空気感でした。ウィンくんとは同い年で、すごく刺激を受けました。その場のものを大事にしていく俳優さんだなと思って。ムードメーカーで明るかったですし。お芝居に対しても、将来に対しても、すごく先を見据えているストイックな考えの持ち主だったので今回ご一緒できてよかったなと思います。

田中俊介くんも同世代で。今までのお仕事の現場で同い年とか同年代の人とやることが少なかったので、同い年のみんなと一緒に映画を撮れて、これから先のやりたいこととか話したり。私も森崎さんも、田中くんも、過去にグループにいて、そこから個人になったということで境遇も似ていたので、そこで話が盛り上がりました。

ーーまた、深川さんはガンバレルーヤのよしこさんと一緒のシーンが多かったですよね。ご一緒していかがでしたか?

よしこさんは本当に面白くて優しくて。よしこさんも同い年なんです。そして豊田市出身で。私は今までテレビを通して、よしこさんからいっぱいパワーをいただいていたので、今回、映画の中で、こう言う形で、ご一緒できたのがすごく嬉しくて。やっぱりパワーがあります。あと、身振り手振りがすごく面白くて、本当に現場を明るくしてくださいました。撮影のちょっと後にバラエティでご一緒させていただけたことがあって。だから改めてお会いできて嬉しかったです。

ーー本当に登場人物たちが暮らしているかのようなリアルさで。「こういう人たちがいたら良いな」と思わせるような人物描写でした。

嬉しいです。監督のお人柄が温かくて。監督とか主演の方の空気感によって現場が変わっていったりするんですけど、監督が柔らかいお人柄なので、だから現場もあんなに柔らかく和やかな空気感で進んでいったんだなと思っていて。

演出も演者に寄り添ってくれるような感じで。「こうするべき」とか型に嵌めていくよりも、一緒に相談しながら作り上げてくださるような感じで。なので、すごく居心地良かったですね。

ーー深川さんは、お話を読んだ時、どんな所が一番印象的でしたか?

まず、「ラリー」というものが作品の中で大切なキーワードだったと思うんですけど、私はこれまでモータースポーツに触れてこなかったんですよ。車にも詳しいわけではなかったですし。だから撮影が始まる前、実際にラリーに試乗させてもらって速さを体感させてもらったりとか、いろいろ調べました。

ーー実際に「GRヤリス」乗られたわけですよね。

撮影の中では、この2人は素人の段階から練習するところから始まったので、そこまでのスピードは映画の中では出てないんですけど。その時は大会に何回も出ているプロの方がドライバーをしてくれて助手席に乗せてもらって、130kmぐらいの速さの世界観を体感させてもらって、ものすごい迫力でした。その速さの中で冷静にノート(ラリーに使用する情報を記したもの)を読み上げたり、冷静に判断していく瞬発力が問われるので、本当にすごいなって。

ーーこの撮影を機に、モータースポーツとか車に興味が湧きましたか?

夢中になる方の気持ちがすごく分かりました。それまで、車とかモータースポーツって男性が楽しむものっていうイメージがあったんですけど、練習に行った時とかも中学生の女の子でやっている子が居たりして。だから年齢とか男女とか、関係ないんだなって実感しました。一人じゃなくて、チームプレイというか二人の息が大事なスポーツなので。

私も今回ラリーに触れてそう感じたので、「ラリーの映画なんだ」と、そこで躊躇せずに、知識がないからって辞めずに気軽な気持ちでたくさんの方に観て欲しいなと思いますね。

ーー豊田市の景色も美しくて癒されます。

癒されますよね。私もなんか、懐かしさを感じて。今回は約一ヶ月間、豊田市で撮影していたんですけど、私は静岡出身なんですけど、豊田市の方言と似ている部分がたくさんあって。「だに」とか「だら」とか、静岡の地元にいて、よく使う方言なので、まさかこの「だら」を映画で言う日がくると思わなかったというか(笑)。

ーー深川さんのファンの方も、方言が聞けて嬉しいですね(笑)。

なかなかお仕事で地元の方言を使うことはないので、そこも注目してみていただけたらいいなと思っています(笑)。

ーー本作は、自分の人生を考えたり、自分自身と向き合うシーンも多いですよね。深川さんも映画の様に自分自身について考えたりすることはありますか?

20代はいちばんが仕事で、ずっと突っ走ってきて。で、この前30代になってから少し肩の力が抜けた感じがしていて。仕事以外のことも、ちゃんと充実させたいなと思えるようになったんです。仕事も大事だけど、趣味とか友達との時間とか家族との時間も大切にしたいと。

ーー20代の時って本当にガムシャラになりますよね。深川さんは特にグループでお忙しかったというのもあると思うのですが。

とにかく目の前にあることをこなしていく毎日だったので、あんまり他の趣味に当てる時間とか、仕事以外に何をしていきたいのか考えたことがなくて。

でも、お芝居のお仕事って、仕事に直接関わりがなくても趣味が生きてきたりとか。尊敬できる先輩を見ていると、趣味も全力とか、日常生活を楽しんでらっしゃる方が多いので、自分もそんな風になりたいなと。

ーー特に地元のお友達と会ったりすると、環境に変化があっても変わらない部分が多くあったりするので。面白いですよね。

そうですね。やっぱり昔からの友達って久しぶりに会っても久しぶりの感じがしなくて。ただ、悩みを聞いてもらったりするわけじゃなくても、普通に他愛のない話をするだけでも、すごくリラックスできたり、気持ちがリセットできたりするので、そういう時間も大切だなと思っています。


ーー最近は、お仕事以外で何をしている時が楽しいですか?

昔からイラストとか絵を描くことは好きなんですけど。あと写真を撮るのもはまっていて。友達とか道端の野良猫とか。物作りはずっと好きですね。何かを作っている時は無心になれるので、自分にとっては息抜きかなと。

ーー深川さんがインスタに載せている写真、あたたかくてすごく好きです。今後、やってみたい趣味はありますか?

嬉しいです。ありがとうございます。今、すごく興味があるのが味噌作りです。すみません、こんな(笑)。体調面も気を遣っていかないとなと思っているので、いちから育てるのも楽しそうだし。ぜひ挑戦してみたいと思います。

ーー味噌作りはじめられたら、それもぜひ…。

インスタに載せたいなと思います(笑)。


ーー秋って何かをはじめたくなる季節ですし、芸術にもふれたくなりますよね。なのでこの映画もこの季節に公開するのがピッタリだなと思いました。

豊田市の素敵な風景がたくさん映っていますし、いろんな人間ドラマが詰まっている映画だと思っていて。あと、何歳になっても自分にやる気があれば夢が叶うというか、夢に挑戦することに遅い早いはないんだ、ということに気づかせてくれる映画になっています。ラリーの迫力ももちろん詰まっていますし。ラリーの迫力と豊田の壮大な景色をぜひ、大きいスクリーンでみてほしいです。

ーー今日は本当に素敵なお話をありがとうございました!

撮影:オサダコウジ

[キャスト]
森崎ウィン 深川麻衣
佐藤隆太、⽥中俊介、⼩林きな⼦、有福正志、 ⼩林涼⼦、よしこ(ガンバレルーヤ)、⽵内⼒、⻄村まさ彦
[監督・脚本]塚本連平
[主 題 歌]JOYRIDE / 加藤ミリヤ
[公 開] 10 月1 日(⾦)全国ロードショー 9月24 日(⾦)愛知・岐⾩ 一部劇場 先⾏公開
製 作︓『僕と彼⼥とラリーと』製作委員会 / 制作︓RIKI プロジェクト
配 給︓イオンエンターテイメント / スターキャット

【関連記事】森崎ウィン『僕と彼女とラリーと』インタビュー「この映画を通して自分の故郷への愛情が深まった」
https://getnews.jp/archives/3125224

(C)2021「僕と彼女とラリーと」製作委員会

関連リンク

  • 10/1 18:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます