モー娘。佐藤優樹、下半身の“白いモノ”見えに「最後の置き土産?」大反響!

拡大画像を見る

「モーニング娘。’21」の10期メンバー・佐藤優樹がブログで“純白肌着”をさらけ出していると、ネット上で話題になっている。

 問題の写真は、「モーニング娘。’21天気組オフィシャルブログ」でメンバーの石田亜佑美が9月27日に投稿した記事から発見されている。写真では佐藤が笑顔でシャボン玉を飛ばしている姿が写っているが、その下半身部分をよく見ると、白いものがバッチリと見えるのだ。

 これにファンからは「アップにしてよく見ると、ほどよいシワが見える。これは本物に間違いないですね」「純白肌着いいね。グループ卒業前に公開してくれてありがとう!」「ホンモノの肌着なわけないだろ。上はTシャツだけなんだから、直のわけがない」「マジレスしちゃうとオーバーサイズのTシャツにショーパンなんじゃないの?」などと、様々な意見が飛び交っている。

「佐藤は12月13日に開催される日本武道館公演をもってグループを卒業することを発表していることから、最後の“置き土産”ではないかという声も上がっていますね。結局、見えているのがショーパンなのかホンモノの肌着なのかは判別できませんが、あそこまで食い込んでいるとなると、ショーパンではないようにも思えます。いずれにせよ、ファンにとっては最高のサービスショットになったことでしょう」(アイドルライター)

 佐藤はこれまで、アイドルとしては当たり前の“水着”を断固拒否し続けており、過去に出演した番組では「(水着になることを)軽々しく考えている脳みそをどうにかしたほうがいいんじゃないかなって思っちゃう」とコメントし、ファンを騒然とさせたことがある。かなりこだわりのある性格だけに、もし本当の肌着だったとしたら…と、余計に妄想を広げる写真となったようだ。

(ケン高田)

関連リンク

  • 10/1 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます