田崎史郎氏 河野太郎氏降格は厳しい冷遇「雑巾がけ、冷や飯たべなさい」麻生氏了解人事と

拡大画像を見る

 岸田文雄氏が新総裁に就任した自民党は1日、党役員人事を発表した。

幹事長・甘利明

総務会長・福田達夫

政務調査会長・高市早苗

選挙対策委員長・遠藤利明

組織運動本部長・小渕優子

広報本部長・河野太郎

 総裁選で敗れた河野氏は、これまで外務相、防衛相、ワクチン担当相と主要閣僚を歴任してきたが、今回は党7役の末席とされる広報本部長に置かれた。

 同日のTBS「ひるおび!」では、政治ジャーナリストの田崎史郎氏が論評を行い、「岸田さんは麻生さんと相談してこの人事を決めてます。2人の共通発想は、ちょっと一からやり直してと。雑巾がけして、もう1回、自分で考えてみたら?という人事です」と断じた。

 「そこで這い上がれなかったら、それでおしまいだし、能力ある人なら這い上がる。そういう場に置いたということです」と指摘した。

 権力闘争であるとし「1回しっかり、冷や飯食べなさいと」と説明。司会の恵俊彰が「ある意味の愛情ですか?」と聞くと「愛情です!愛の鞭!」と応じていた。

関連リンク

  • 10/1 17:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます