秋G1開幕!スプリンターズS、凱旋門賞、POG最新情報【セキネ記者】

拡大画像を見る

 台風とともに秋のG1シーズンがいよいよスタート! 

 荒れた天候のように、大荒れ馬券が飛び出すのか、それとも!? まだまだコロナ禍の今シーズンも、ノンビリと日刊大衆競馬予想をお届けします。

 まずは開幕戦となるスプリンターズS。春のスプリント戦、高松宮杯を1、2着したダノンスマッシュ、レシステンシアがともに参戦。しかも重馬場の中京でのワンツーしただけに、ここもこの2頭が飛びぬけた人気になりそう。ほかにもピクシーナイト、メイケイエールの3歳勢にモズスーパーフレア、クリノガウディーといったG1好走馬もいるだけに、はたして!?

 そして今週の注目はフランス・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞。ことごとく日本馬の挑戦を退けてきたこのレースで、ついに悲願なるか!? いかにもヨーロッパ向きのクロノジェネシス、ディープボンドの2頭が参戦する。当日の馬場も重くなりそうなのは、この2頭にとって有利に働くか。

 そしてPOG戦線の現在もセキネ記者がリポート。2021年シーズンは、まだ怪物らしき馬の登場はなく、このまま混戦模様が続きそうだが、セキネ記者の見立てとは…!? 早くも、来年注目の種牡馬をポロッと公開するぞ。

 気になる模様は下記からご覧ください!

https://youtu.be/0fLycybmmds

関連リンク

  • 10/1 17:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます