田崎史郎氏 自民・新執行部「二階さんの関係者、一切いなくなった。見事なもんです」

拡大画像を見る

 岸田文雄氏が新総裁に就任した自民党は1日、党役員人事を発表した。

幹事長・甘利明

総務会長・福田達夫

政務調査会長・高市早苗

選挙対策委員長・遠藤利明

組織運動本部長・小渕優子

広報本部長・河野太郎

 同日のTBS「ひるおび!」では、政治ジャーナリストの田崎史郎氏が「岸田さんは誰に電話したかというと、安倍さんであり、麻生さんであり、あと茂木敏充外務大臣、竹下派の。その3人と綿密に詰めて、何回も話し合いながら人事固めていったんですよね」と語った。

 党役員人事について「今回の人事をみて一番象徴的なのは二階さんの関係者が一切いなくなったですよね。これ見事なもんですよ。権力ってのはこういうことなんですね」と指摘した。

 総裁選について「二階さんは勝ち馬に最終的に乗らざるを得なくなったんですけど、その過程で主導権を発揮してないんですよね」と評した。

関連リンク

  • 10/1 16:58
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます