フランスベッドの低反発枕「ウミガメピロー」 ごろ寝にもフィット

拡大画像を見る

フランスベッドは「ウミガメピロー」を2021年10月1日に発売。

2月発売の「スノーレスピローミニ」に続く、ステイホームにぴったりなアイテムの第2弾として登場。ウミガメのようなシルエットの低反発枕だ。

うつ伏せ・仰向け・横向き寝に対応

デザイン性だけでなく、うつ伏せ・仰向け・横向き寝のそれぞれにフィットするよう考えられた形だという。

サイド部分の「アームフィットカーブ」のおかげでうつ伏せ・横向き時に腕の位置がぴったり決まり、スマートフォン操作やごろ寝でのテレビ視聴などがしやすくなっている。

また、仰向け寝時に後頭部をサポートする「ヘッドフィット」、頸椎をサポートする「ネックフィット」も搭載。日中だけでなく就寝時でも快適に使える。カバーは除菌機能糸「AGliza(アグリーザ)」を採用し、悪臭の原因菌の発生を防止する。「高さ調整シート」も付いており、仰向け寝時は好みに合わせて高さを調整可能。コロナ禍で増加した在宅時間を心地よいものにしてくれる。

希望小売価格は7255円(税抜)。 <J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 10/1 16:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます