可変式望遠レンズで写真がキマる! ソニーから5G対応スマホ「Xperia 5 III」

拡大画像を見る

 ソニーは11月中旬以降に、5G対応のプレミアムスマートフォン「Xperia 5 III」を、国内の一部の通信事業者から発売する。カラーは、フロストブラック(日本限定色)、フロストシルバー(日本限定色)、グリーン、ピンクの4色。

 「Xperia 5 III」は、コンパクトサイズながらフラッグシップモデル「Xperia 1 III」で実現した高いAF性能を誇るカメラ機能や、没入感ある視聴体験を実現するオーディオ・ビジュアル性能、自在なカスタマイズに対応したゲーム専用機能といった、充実した機能を備えるプレミアムスマートフォン。
 リアカメラには、焦点距離16mm(F2.2)の超広角レンズ、24mm(F1.7)の広角レンズとともに、70mm(F2.3)と105mm(F2.8)の可変式望遠レンズを搭載する。
 すべてのレンズに、有効画素数約1220万画素のイメージセンサーを備えている。また、ZEISS(ツァイス)レンズを採用し、階調、色再現、透明感、立体感、ぼけ味など、被写体の微細な質感までを忠実に再現するほか、T*(ティースター)コーティングによって、画質低下の原因ともなるフレアやゴーストを最小限に抑え、クリアな描写を実現する。
 さらに、デジタル一眼カメラ「α(Alpha)」で培った技術や、すべてのレンズへのデュアルフォトダイオードセンサーの採用によって、焦点距離105mmの望遠レンズでも高速・高精度・高追従なコンティニュアスAFを実現した。また、任意の被写体を画面上でタッチするだけで自動追従する「オブジェクトトラッキング」、最大毎秒60回のAE/AF演算を行って、瞬時に瞳情報を検出してフォーカスを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」を新たに搭載している。
 撮影機能としては、ほかにもデジタルズーム時の画質劣化を補正する「AI超解像ズーム」、独自のアルゴリズムを使用することで光学式手ブレ補正を強化した「FlawlessEye対応のハイブリッド手ブレ補正」、デジタル一眼カメラ「α」の使い勝手を踏襲した「プログラムオート(P)」「シャッタースピード優先(S)」「マニュアル露出(M)」「メモリーリコール(MR)」「オート(AUTO)」の各モードによって、本格的な撮影を可能にするPhotography Pro(フォトグラフィー プロ)」を備える。
 動画撮影専用の機能としては、21:9のアスペクト比で映画のような質感や、色表現でクリエイティブな撮影体験を楽しめる「Cinematography Pro(シネマトグラフィー プロ)」、独自開発の音源分離技術で、録音時に風雑音のみを除去する「インテリジェントウィンドフィルター」を搭載する。
 ディスプレイは、映画とほぼ同じアスペクト比である21:9を採用した、6.1インチ有機ELディスプレイ(解像度2520×1080)で、リフレッシュレート120Hz駆動、HDRに対応している。また、同社のマスターモニタを手掛ける部門が監修した色設定「クリエイターモード」を備えており、10ビットカラー相当の高い階調表現や、UHDの放送規格であるITU-R BT.2020の色域、10ビット信号に対応した独自開発の画像処理で、映像制作者の意図した色表現を再現する。
 その他の視聴関連機能としては、高画質化技術「X1 for mobile」によってSDR映像コンテンツをHDR相当の画質で表示する「HDRリマスター」、立体音響技術「Dolby Atmos」を備えており、同社の「360立体音響技術」を活用した新たな音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」の認定を取得している。
 9月30日~2022年1月17日10時の期間は、「Xperia 5 III」の発売を記念した「Xperiaで好きを極める!体験クーポンプレゼントキャンペーン」を実施する。

関連リンク

  • 10/1 15:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます