100年近い歴史を誇る歯ブラシ工場が開発した、舌を傷めにくい“舌クリーナー”登場


1924年創業の大阪の歯ブラシメーカー・三和歯ブラシ工業所は、ループ形状の毛先で舌を傷めにくい舌クリーナー「LOOP(ループ)」を、自社オンラインショップにて販売開始した。

注目される口腔ケア


口腔内が不潔な状態であると細菌が増えてウイルスの温床になるため、口内環境を整える口腔ケアと感染症による重症化予防との関連性がいま注目を集めている。口内には少なくとも300種類以上の細菌がいると言われており、虫歯や歯周病はもちろん、肺炎や生活習慣病の一因となることも。口腔内を清潔に保つことが、それらの予防になると考えられている。

舌を傷めずに汚れを取り除く

同社が販売を開始した「LOOP」は、毎日の習慣となっている歯磨きと違ってつい見落とされがちな“舌”の汚れを落とし、口内を清潔に保つために4年の歳月をかけて開発されたループ形状のブラシがついた舌クリーナー。


通常の歯ブラシの毛と比べて2分の1の細さの極細毛を、特許技術によりループ形状に植毛。舌を傷めにくく、歯ブラシでは取り除きにくい食べかすや舌苔(ぜったい)をやさしくきれいに取り除く。


裏側はスクレーパーになっており、舌についた頑固な汚れをこそぎ落とすことができる。


また、100年近く歯ブラシを製造してきた知識と経験を生かし、過度な力が舌に加わらないように、持ち手部分の面積を縮小。さらに、力の加減でネックが適度にしなる特殊素材を使うことで、やさしい磨きごこちを実現した。

歯ブラシ生産量第一位の街・八尾


1924年に初代・谷口安吉さんが歯ブラシ製造工場を創業して以来、歯ブラシや歯間ブラシ、フロスといったオーラルケア商品を作りつづけてきた三和歯ブラシ工業所。


ちなみに、同社工場がある大阪府八尾市は、日本全国の歯ブラシ生産量のおよそ35%を占める、歯ブラシ生産第一位の街だ。

舌クリーナー「LOOP」で、口腔内を清潔に保って虫歯や歯周病、肺炎や生活習慣病を予防してみては。

詳細:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000085688.html

画像をもっと見る

  • 10/1 15:01
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます