高橋恵子 ミュージカル初主演でパワフル歌声披露「この作品をやるために生まれてきた」

拡大画像を見る

 女優の高橋恵子(66)が1日、東京・本多劇場で主演ミュージカル「HOPE」(1日~17日、同所)の初演を前に、共演の永田崇人(28)、小林亮太(22)らと共にプレスコール&取材会を行った。

 著名作家の遺稿の所有権をめぐり、長きにわたって争われたイスラエルで実際に起こった裁判をモチーフに描かれた法廷劇。主人公・ホープを演じる高橋は、女優デビュー51年目にしてミュージカルに主演として初挑戦。「音楽ってすばらしいなと実感しました。言葉だけでは伝わらないものが、音になることで伝わる」と、プレスコールではパワフルな歌声を披露した。

 この日から東京都に発令されていた緊急事態宣言は解除となり、当日券の販売が再開となった。「稽古をしていて、『私はこの作品をやるために生まれてきたんだ』と思いました。私にとってやらなければいけない作品」と強い覚悟で臨む本公演。高橋は「見てくださる方にとって、この作品が希望になっていただければ」と願いを込めた。

関連リンク

  • 10/1 15:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます