トッテナム指揮官、ハット達成のケインに言及「誰にとっても重要な活躍だった」

拡大画像を見る

 トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、同クラブのイングランド代表FWハリー・ケインについて語った。1日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 9月30日に行われたヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第2節ムラ戦に臨んだトッテナムは、ホームで5-1の大勝。直近のプレミアリーグでは3連敗を喫するなど思うような結果が続かなかったが、公式戦6試合ぶりの勝利を手にした。試合を終えたヌーノ監督は「良い結果が得られたことで良いリカバリーができ、次の試合に向けて良い準備ができる。多くのポジティブなことがある」とコメント。

 また、同試合でハットトリックの活躍を見せたケインにも触れながら「誰にとっても重要な活躍だった。ただ、私はいつも、それより重要なのは全ての選手が最高の状態でプレーできることだと思う。私がいつも主張していることだ」と続けた。

 そして「私は全ての選手を信頼しているし、全ての選手をサポートしている。彼らの才能やクオリティを見つけられるようにしなければならない。すなわち、全ての選手が最高の状態であれば、より良いチームが完成すると信じているんだ」と語り、今後のチームへ期待を寄せた。

 トッテナムの次戦は3日、プレミアリーグ第7節でアストン・ヴィラとの対戦を迎える。

関連リンク

  • 10/1 14:02
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます