夏目アナへエールの我武者羅應援團が謝罪「伝えたい思いがあふれすぎた」「深く反省」

拡大画像を見る

 プロの応援集団・我武者羅應援團が1日、ツイッターを更新し、9月30日に放送されたTBS系「あさチャン!」最終回で、夏目三久アナウンサーへの応援が長くなり、夏目アナのあいさつがわずか12秒程度となってしまったことを動画で謝罪した。

 動画では、團長の武藤貴宏氏が「夏目さんが最後に視聴者の皆さまにメッセージを伝える時間を、我々の応援時間オーバーにより奪ってしまい申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます」と頭を下げた。

 続けて「その夏目さんのメッセージを楽しみにして下さっていた視聴者、ファンの皆さま、その機会を奪ってしまい申し訳ありませんでした」と再び頭を下げ、「そして我々に思いを託して下さったTBS『あさチャン!』スタッフの皆さま。その期待に沿うことができず申し訳ありませんでした」と三度、頭を下げた。

 時間が長くなってしまった理由については「本番の応援で夏目さんを前にして、伝えたい思いがあふれすぎてしまい、自分たちの時間をオーバーしてしまった」と説明。「深く反省している」とした。

 「あさチャン!」最終回では、夏目アナの芸能界引退とも重なり、ファンも注目。番組のサプライズとして番組に何度も登場した我武者羅應援團が、夏目アナへ渾身のエールを送るも、終わったのが番組終了約15秒前。夏目アナのあいさつがわずかとなってしまい、ネットでは苦情が相次いだ。

 この謝罪動画には「肯定してくれる視聴者もたくさんいますからね」「これからも頑張って下さい」「私からエールを送ります」など温かい声も寄せられている。

関連リンク

  • 10/1 13:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます